テスラ、上海工場でモデルYの生産ラインのアップグレードを終了

giga-shanghai-20 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

地元メディアによると、すべてのアップグレードが完了した後、テスラギガ上海の年間生産能力は約110万〜120万台まで拡大される予定だそうです。

テスラは7月からギガ上海ファクトリーのアップグレードを進めており、SUV「モデルY」の生産を担当する第2期生産ラインは7月16日にアップグレードを完了したと、現地メディア、オートタイムが報じました。モデル3セダンの生産を担当する第1期生産ラインは、7月17日にアップグレードを開始し、8月7日に完了する予定だということです。

同工場のフェーズ2ラインの従業員はすでに仕事に復帰しており、フェーズ1ラインの従業員は7月17日から休職しており、8月8日から通常勤務になる見込みと、複数の関係者を引用して報じています。このアップグレード完了後、テスラのギガ上海フェーズ1生産ラインは、1シフトあたり500~600台/日を生産することになりそうだということです。

Credit:Tesla

現在、テスラは3シフトでの生産を再開しており、モデル3の単日生産台数は1000~1200台に達するとし、モデルYの生産ラインはすでに1週間かけて日産2000台に引き上げ、来月には日産2200台程度に達するだろうと報じています。比較として、アップグレード前のテスラの上海工場の1日の総生産台数は約2,500台であったと指摘しています。

第3四半期に入り、テスラの上海工場生産ラインのフェーズ1では、まず中国国内納品用のモデル3を約1万台生産し、その後、従業員が休暇に入るまで輸出用のモデル3を生産してきたということです。

アップグレード完了後の単日生産量に基づくと、テスラギガ上海の年間生産能力は約110万~120万台に拡大するということになります。生産ラインのアップグレードと同時に、テスラは上海工場の従業員の採用も拡大しています。

地元メディア、オートタイムによりますと、ギガ上海ファクトリーの採用ポジションは現在、月初めの4~5人から15人に拡大し、ボディ、塗装、ダイキャスト、最終組立、車両品質、物流など複数の工場工程のポジションが含まれるということです。

この報道は、1ヶ月前のブルームバーグの報道で言及された内容を裏付けるもので、テスラが上海工場で増産のための措置を講じており、8月初旬まで様々な期間で生産能力を一部停止し、生産ラインをアップグレードしているとの報道でした。

同工場の今回のアップグレードは8月7日頃に完了する見込みで、その際にはSUVのモデルYの生産台数がコロナ発生前の週当たり約1万1000台から週当たり1万4000台に、モデル3セダンの生産台数がそれまでの5500台から週当たり7700台に増加すると、関係者を引用して報じています。

テスラは当初の年間目標を2倍の100万台とする計画であると、関係者は述べています。

7月20日に発表されたテスラの第2四半期業績報告書によると、ギガ上海の現在の年間生産能力は75万台を超えています。

これは、ギガ上海ファクトリーの生産能力が、テスラのカリフォルニア工場の65万台(モデルSとモデルXが10万台、モデル3とモデルYが55万台)の年間生産能力を上回っていることを意味します。

この2工場に加え、ドイツ・ベルリンと米国・テキサス州にあるテスラのギガファクトリー・テキサスは、いずれも年産25万台以上の生産能力を持ち、現在はモデルYのみを生産しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました