自動車戦争:テスラがいずれフォードやGMに抜かれるのは、イーロン・マスクが「迅速に動かなかった」から

tesla-model-3-white-00 TESLA News
スポンサーリンク

テスラには、いろいろな資産があります。しかし、バンク・オブ・アメリカのシニア・オートアナリストであるジョン・マーフィー氏に言わせれば、テスラは「十分に速いとは言えない」とのことです。

バンク・オブ・アメリカのシニア・オートアナリストであるジョン・マーフィー氏は、テスラは実は十分に速く動いてはいない、と言っています。実際、米国テキサス州に本拠を置くこの電気自動車会社は、まもなくゼネラルモーターズやフォードといったベテラン自動車メーカーに追い越されることになるかもしれないとまで言っています。

2022-gmc-hummer-ev-rolling-chassis
Credit:GM

バンク・オブ・アメリカは、年次調査「自動車戦争」の中で、2025年までにフォードとゼネラルモーターズがテスラの電気自動車販売を追い抜くと予測しています。マーフィー氏によると、テスラの電気自動車における現在の70%の市場シェアは、今後3年間で11%近くまで低下する可能性があるということです。

一方、マーフィー氏はフォードとGMが今後新たに提供する電気自動車によってその市場シェアは15%に近づくと予想しています。このアナリストは、テスラの問題は、製品ポートフォリオの欠如と、イーロン・マスク氏がこれまでゆっくりとした速度で製品を投入していることにあると指摘しています。

「彼は製品を導入する速度が遅い。彼は完全な製品ポートフォリオを持っていないので、他のメーカーがそのギャップを埋めて追いつく大きなチャンスがあります。」

テスラにも遅れはあり、モデルYのように予定より早く納入を開始した車両は別として、サイバートラックのような同社のプロジェクトは何度も延期されていることも確かです。マーフィー氏によれば、これは今後数年間、テスラが遅れをとることにつながりかねないということのようです。

「5年後、10年後に現在を振り返ったときに、テスラはもっと大きな利益を得ることができたはずなのに、もっと多くの資金を集め、もっと早く生産能力を拡大し、もっと早く成長し、市場を占有しなかったことが、最大の失敗の1つなのです。」

「彼(マスク氏)はそうしませんでした。彼は十分に速く動かなかったのです。彼は、市場で何が起こっているのかを認識していなかったのです。彼(マスク)は、自分には追いつけない、自分以外にはできない、そしてライバルはそれを実現できない、という途方もない傲慢さを持っているのです。」

テスラは過去数年間、供給不足に陥っていたため、マーフィー氏の結論は非常に興味深いものです。現在、同社は実質的にモデル3セダンとモデルYクロスオーバーの2車種だけで競合の波を抑えており、しかも勝っているのです。また、テスラの車両は常に改良が加えられており、通常、無料の無線ソフトウェアアップデートによって展開されることもこの競争環境で優位に立っている特筆すべき点です。

テスラとイーロン・マスクCEOの「傲慢さ」についてのバンク・オブ・アメリカのアナリストの結論は、ある意味、かなり的外れであるようにも思えます。サイバートラックとセミが市場に投入され、モデルYは世界で最も売れている車の1つになりそうな勢いであり、テスラのEV市場シェアは危機に瀕していないように見えるのですが。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました