トヨタの新CEO、EV重視でも水素を優先との考え

koji-sato-toyota TESLA News
スポンサーリンク

トヨタの新CEOである佐藤恒治氏は、水素が依然としてトヨタ自動車にとって重要な位置づけであるということを認めました。これは、トヨタがより魅力的な電気自動車の開発・生産への取り組みを強化するようとしている矢先であるにもかかわらず、です。

佐藤次期CEOのコメントは、先日、西日本の鈴鹿サーキットで開催された耐久レースの傍らで語られたものです。佐藤氏は以下のように語っています。

「水素が現実的な選択肢であり続けるようにしたい。そのためには、生産と輸送のサプライチェーンが必要です。そこが進化しない限り、水素エネルギーの普及は望めない。」

皮肉なことに、トヨタは液化水素を燃料とするGRカローラの新型レーシングカーでレースに出場する予定でしたが、しかし、この車はテスト走行中に水素の燃料パイプの漏れが原因で火災に見舞われました。この水素レーシングカーは、最終的に内燃機関を動力源とするGRヤリスに置き換えられました。

トヨタ自動車の次期CEOは、日本の自動車メーカーが「EVファースト」の考え方を採用する必要性を強調しています。トヨタは現在、2026年に向けて電気自動車専用の新プラットフォームを開発中で、より良い性能を低コストで提供できるはずです。同社は、2030年に世界で約350万台の電気自動車を販売することを見込んでいます。

トヨタはプリウスでハイブリッド車の主流を切り開いた会社であることは間違いないのですが、水素自動車への賭けはあまり成功しているとは言い難い状況です。

トヨタは現在、水素を燃料とするゼロエミッションセダン「MIRAI(ミライ)」を提供していますが、このモデルは現在2代目となっています。トヨタはミライの第2世代に自信を持ち、生産能力を10倍の年間3万台まで増やしましたが、現在までのところ、トヨタは初代と2代目のMiraiを合わせて世界中でわずか21,700台しか販売できていません。

toyota-mirai
Credit:TOYOTA

水素技術への賭けは失敗したように見えるが、佐藤氏は、トヨタがカーボンニュートラルを達成するための多方面からのアプローチにおいて、水素が重要な役割を果たすことに変わりはない、と述べています。次期CEOは、トヨタが電気自動車、ハイブリッド車、水素自動車を総合戦略の一環として活用することを述べるとともに、「我々はすべてにおいて本格的な取り組みを行っています」と語りました。

この記事はこの投稿を引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました