テスラソフトウェアアップデートでオートシフトの新しいUIと機能を初公開

TESLA News
Screenshot
スポンサーリンク

テスラの最新の2024.14.3アップデートでは、ユーザーインターフェイスが刷新され、オートシフト機能に新しい機能が追加されます。

オートシフトは、2021年以降のモデルSとモデルX、2024年型モデル3、サイバートラックに搭載され、乗り込むと自動的にドライブまたはリバースにシフトします。ストークを下げる代わりに、車両に座ってブレーキペダルを踏み、次にアクセルを踏むだけで、正しい方向に動き出す機能です。

以前はスマートシフトと呼ばれていたこの機能は、コントロール > ペダルとステアリング > オートシフトアウトオブパークで有効にする必要があります。

ユーザーインターフェースの改善

テスラは、ソフトウェアアップデート2024.14で、新型モデル3のオートシフトのユーザーインターフェースをよりコンパクトに調整します。

新型モデル3では、ギアインジケータが右側に押しやられていた代わりに、画面上部にギアインジケータが収まるスペースができました。また、オートシフトが画面の下まで行かなくなりました。これにより、メディアプレーヤーが画面の左端(左ハンドルの場合)で端から端まで表示されるようになり、シャッフルやリピートなど、メディアプレーヤーにオプションを追加することができるようになりました。

オートシフトが画面の左側全体を上から下まで占めていた以前のバージョンとは異なります。

アップデート2024.14の追加機能

テスラはアップデート2024.14で、モデルSとモデルXのオートシフトの機能を拡張し、駐車場から出るときに正しいギアにシフトするだけでなく、他の操縦中にもシフトできるようにします。例えば、Kターン時にドライブからリバース、リバースからドライブへの自動変速が可能になります。

今のところ、この機能はモデルSとモデルXに限定されますが、すでに新型モデル3パフォーマンス用の開発ソフトウェアでこの機能が利用可能であることが確認されているため、最終的には新型モデル3、そしておそらくサイバートラックにも搭載されることになるでしょう。

新しいオートシフトの動画

すべてのテスラに搭載?

2021年にイーロン・マスク氏は、テスラの新機能であるスマートシフトは、いずれFSDを搭載したすべてのテスラでオプション機能として利用できるようになるとツイートしました。それはまだ実現していませんが、これがまだテスラで生きているのかどうかを理解するのは興味深いことです。オートシフトは完全にビジョンベースなので、技術的にはすべてのテスラ車で使用可能です。

新しい車両では、これらの車両で何らかの理由でスクリーンが故障した場合に備えてバックアップボタンが含まれていますが、他の車両では、必要であれば、バックアップとしてストークを使用し続けることができます。

テスラのソフトウェアアップデート2024.14.3は、テスラの従業員によってテストされ、本日、一般のユーザーへの配布が開始されました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました