中国でのテスラFSDは2030年までに年間23億ドルの利益をもたらす可能性:バンク・オブ・アメリカ

elon-li-qiang-china TESLA News
https://twitter.com/cyfoxcat
スポンサーリンク

バンク・オブ・アメリカは、中国におけるテスラの将来に完全自動運転ソフトウェア(FSD)の可能性を見出しているようです。同行はレポートの中で、FSDが中国の顧客の間で普及すれば、2030年までにテスラの収益を23億ドル押し上げる可能性があると述べています。

概ね実現可能

イーロン・マスク氏がこの週末、予告なしに中国を訪問したことから、テスラが中国でのFSDリリースに向けた基盤作りを進めていることが示唆されました。これは、テスラがインターネット大手の百度(バイドゥ)とナビゲーションと地図データで提携したことに示唆されています。中国汽車工業協会も、テスラが国内でのデータ・セキュリティと処理要件をクリアしていると述べています。

FSD(監修型)は今のところ米国とカナダにしかリリースされていません。したがって、このシステムの最も高度な機能を利用できるのは、この2カ国の消費者のみという状況です。米国では、FSDは8,000ドルで一括購入するか、月額99ドルでサブスクリプションサービスとして加入することができます。FSDは中国の顧客向けに64,000人民元(8,800ドル)で提供されていますが、サブスクリプションはまだ提供されていません。

2030年までに年間収益23億ドル

tesla-fsd-12-3
https://twitter.com/AIDRIVR

バンク・オブ・アメリカが指摘したように、もしテスラが中国でFSDを99ドルのサービスとしてリリースし、同国にいると推定される160万人のテスラドライバーの4分の1がFSDに加入すれば、レポートにあるように、テスラに5億ドルの年間収益をもたらす可能性があります。

「しかし、このFSDは粗利率が70%を超える可能性が高いため、収益への効果は~3億5,000万ドルになる可能性があります。この数字は時間の経過とともに大幅に増加する可能性があり、テスラの中国自動車販売台数に関するIHSの予測に基づけば、同じ仮定で2030年までに年間収益23億ドルになる可能性があります。」

バンク・オブ・アメリカは、テスラが中国でのライバルに対して優位に立つため、消費者に無償でシステムをリリースするよう圧力を受けた場合、FSDは中国での収益がゼロになる可能性もあると指摘しています。しかし、そのようなシナリオであっても、バンク・オブ・アメリカは、テスラが中国のFSDユーザーから恩恵を受けることに変わりはないと述べています。

「中国国内メーカーとの競争は激化しており、FSDはテスラが市場で提供される他のEVに追いつき、それを上回る可能性があります。最近の中国での値下げ(14,000人民元、約1,930ドル)と相まって、販売台数の増加に拍車がかかる可能性があるのです。」
この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました