テスラサイバートラックの外装ステンレスは、DIYでメンテナンス可能に

tesla-cybertruck-original-01 TESLA News
https://www.reddit.com/r/teslamotors
スポンサーリンク

納車が待ち望まれているテスラのサイバートラックは、従来の自動車のデザインをはるかに超えて、デロリアン以来初めて、従来のテスラ標準のアルミニウムではなく、ステンレススチール製の仕上げが施された車両です。このステンレススチール製の外装は、電動ピックアップトラックの耐久性を高めるだけでなく、そのユニークな仕上げにより、メンテナンスも容易にします。

テスラのチーフデザイナーであるフランツ・ホルツハウゼン氏は、「Ride The Lightning」ポッドキャストのライアン・マカフリー氏とのインタビューで、本格生産開始での公式デビューを前に、サイバートラックの詳細を明らかにしました。そのひとつがステンレススチール仕上げで、彼によれば、オーナー自身が付いた傷をDIYで修復することができるようになるとのことです。

「このステンレススチールは非常に硬いので、万が一、傷がついても、自分でバフがけしたり、傷を磨いたりして、ステンレスの基本的な仕上げに戻すことができます」

さらに、サイバートラックのステンレスの仕上げは、台所にある家電製品のようなものではない、とフォン・ホルツハウゼン氏は言っています。冷蔵庫のステンレスのドアをよく見ると、上下や左右方向に細かい線が入っているのがわかると思います。この方向性のある仕上げ(ヘアライン仕上)は、例えば冷蔵庫を掃除するときに、線と同じ方向、つまり木目に沿って拭かなければならないことを意味します。

tesla-cybertruck-tail-light

これは明らかにクルマには現実的ではないので、テスラは独自の「特別の表現仕上げ」を開発しました。

「サイバートラックは別の表面仕上げプロセスなんです。冷蔵庫やデロリアンなどのヘアライン仕上げとは違いますが、特別の仕上げを施しています。」

フォン・ホルツハウゼン氏は、その仕上げがどのようなものであるかについて具体的には説明しませんでしたが、テスラが独自の無指向性表面仕上げを開発したということです。この無指向性仕上げは、オーナーがサイバートラックの傷を修復し、それが車両本来の仕上げのようにDIYで修理することができるものです。

大したことではないと思われるかもしれませんが、実はこの仕上げを大量生産ラインで再現性よく効率的に施すことは非常に難しいのです。テスラはこの問題を解決するために独自の特別チームを結成し、従来の方法で塗布するよりも何百倍も速く製造する方法を考え出しました。

フォン・ホルツハウゼン氏は、サイバートラックが実際にいつ本格生産に入るかについては語らなかったが、すべての兆候は、テスラが2023年半ばの本格生産開始に向けて軌道に乗っていることを示唆しています。同社は、サイバートラックの生産ラインのために数カ月前から人材を募集しており、すでにギガファクトリー・テキサス社内で9,000トンのギガプレスを組み立てている状況です。

インタビューの全文は下記からご覧いただけます。サイバートラックの仕上がりについては、8:35あたりからです。また、インタビューの詳細はこちらでご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました