テスラ、ギガ・テキサス内でサイバートラック製造用、超大型鋳造機9000トン・ギガプレスの組み立てを開始

idra-9000t-giga-press-00 TESLA News
https://youtu.be/T36Gr1OtdJk
スポンサーリンク

ここ数週間、テスラの9,000トンギガプレスがギガ・テキサスに何度か出荷されているのが発見されています。この超大型鋳造機は、2023年半ばに生産開始が予定されているサイバートラックのボディを生産するために使用されます。

これまで、IDRA社の大きな貨物が現れ、部品が工場内に設置され、組み立てられるのを待っている状態が見られるだけでした。しかし、2023年1月13日金曜日の朝、ギガファクトリー・テキサスの最新ドローンの飛行映像によると、テスラが9,000トンのギガプレスの組み立てを開始したようで、現在は状況が変わってきています。

ジョー・テグトマイヤー氏が金曜日の朝早く撮影したもので、ギガプレスの土台が設置され、2枚の巨大な圧縮板(近くに立っている人を見てください)のうち1枚がすでに上に乗っており、もう1枚は背景の地面に置かれて設置されるのを待っている様子が確認できます。

13日の金曜日! テスラ車の値下げに気を取られてはいけません!本題は9千トンギガプレスの組み立てです。ギガ・テキサスの様子は、後ほどYouTubeのビデオでご紹介します。

また、テスラが2台目の9,000トンギガプレスを支えるために、建物のこのエリアに2つの土台を設置したことがわかりますが、テスラが2台分の部品を受け取り、同時に設置するのかどうかはこの画像からはわかりません。今週初め、ギガプレスメーカーのIDRA社が、もう1台のギガプレスの出荷準備が整ったことを発表したことをお伝えしましたが、こちらはアジア向けとのことです。

このような大型の鋳造機を組み立てるのを見たことがないことを考えると、完成までにどれくらいの時間がかかるかはわかりませんが、これもテスラがスケジュール通りに進んでおり、待望のサイバートラックについて2023年半ばに生産を開始するという目標を達成できる、という良い兆しだと考えられます。

テスラは、サイバートラックの生産ラインのための雇用もすでに開始しており、ここ数カ月の間に多数の求人情報を発表しています。すべてのピースが揃いつつありますが、まだ確定していない2つの大きなピースは、サイバートラックの価格とデザインの最終決定です。

これらの情報は、今月末の第4四半期および2022年の決算説明会、あるいは3月1日開催の投資家イベント「インベスター・デイ」で発表されることを期待しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました