IDRA社、9千トンの超大型鋳造機「ギガプレス」のアジア向け出荷を準備

idra-9000t-giga-press-00 TESLA News
https://youtu.be/T36Gr1OtdJk
スポンサーリンク

イタリアのIDRA社は、9,000トンのギガプレス(超大型アルミ鋳造部品プレス機)をアジアに出荷することを発表しました。

IDRA社は、テスラのサイバートラックのフレームなど、巨大な金属鋳物を作ることができる「ギガプレス」のサプライヤーとして、この1年で一気に有名になりました。これにより、1台あたりの部品点数を極端に減らし、製造工程を簡素化することでコスト削減を実現する技術です。今回、IDRA社は、さらにもう1台の超大型ギガプレスを、アジアの匿名のバイヤーに送ることを発表しました。

リンクトインに掲載された新しいギガプレスの出荷のお知らせは、詳細が不明です。しかし、アジアのどこかにあるメーカーに向かう前の最終テスト中のギガプレスが写っており、このギガプレスの買い手は誰なのだろうと多くの人が疑問に思っています。

テスラは、最近ではIDRA社の最大の商業用プレス機を使用し、生産コストの削減に取り組んでいることで知られており、多くの人が、この新しいプレス機が中国の上海にあるテスラ最大の生産施設ギガ上海に向かうのではないかと考えています。公開されている情報では、その可能性は十分にあります。

テスラが発注した最初のギガプレスは、今年の第1四半期に製造が開始され、今年の後半には大量生産に入る予定の待望のサイバートラックの生産に先立ち、最近テスラの米国工場、ギガ・テキサスに届き始めたばかりです。

テスラは現在、次世代車両プラットフォームの開発にも取り組んでおり、アップグレードを受ける最初の車両はモデル3の予定です。さらに、最新世代ではコスト削減と生産の簡素化が重視されると予想されるため、新しいギガプレスはその目標を達成するための重要なツールになる可能性があります。さらに、テスラのギガ上海はモデル3を大量に生産しており、生産能力増強の理想的な候補地と考えられます。

ギガプレスは、他のたくさんいる自動車メーカーの買い手のもとに行く可能性があることは、十分考えられます。テスラはもちろんですが、現代自動車の産業機械部門など、アジアのメーカーも活用できそうです。

次世代モデル3を目前に控え、多くの人が新車に搭載されるかもしれないアップグレードを楽しみにしており、価格の引き下げに加えて、とんでもないアップグレードになることは間違いないだろう。新型ギガプレスが今年末に上海に現れると非常に楽しみになります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました