テスラのチーフデザイナーが語る、待望のサイバートラックの詳細について

franz-von-holzhausen-talks-about-tesla-cybertruck TESLA News
スポンサーリンク

テスラのチーフデザイナーであるフランツ・ホルツハウゼン氏は、ポッドキャスト「Ride The Lightning」のライアン・マカフリー氏との最新のインタビューで多くのトピックを取り上げました。特にサイバートラックに関する彼のコメントは、おそらく納車を心待ちにしている100万人以上の事前予約者にとって最も興味深いものになっていることでしょう。

テスラはまだサイバートラックの最終デザインを明らかにしていませんが、今週初めに米国カリフォルニア州ホーソーンにあるデザインスタジオで収録されたインタビューの中で、フォン・ホルツハウゼン氏は、サイバートラックに搭載される機能のいくつかを認め、そのうちのひとつがヨーク・ステアリングであることを明らかにしました。

ヨーク・ステアリングは2021年のリフレッシュ版モデルSで初めて導入され、肯定的、あるいは否定的な両方のフィードバックを多く集めている「話題の」ハンドルです。当初、丸いステアリング・ホイールは提供されないと言っていたテスラは、方針を転換し、今月初めにはヨークと並んでオンライン・コンフィギュレーターに通常の丸型ハンドルを標準のハンドルとして追加しました。

フォン・ホルツハウゼン氏は、サイバートラック購入者が丸型とヨーク・ステアリングのどちらかを選べるようになるかについては言及しませんでしたが、ヨーク・ステアリングがサイバートラックに採用されることについては認めました。

「ヨーク・ステアリングは、一度体験すれば、素晴らしいドライビング体験となります。特にオートパイロットと組み合わせれば、全体のユーザーエクスペリエンスと室内のコックピットデザインがよりシンプルでクリーンになるので、ヨーク・ステアリングが採用される予定です。」

フォン・ホルツハウゼン氏が認めたもうひとつのデザイン上の特徴は、ドアの取っ手(あるいは取っ手のない部分)がどのように機能するかです。超硬度の30X冷間圧延ステンレス鋼のドアパネルに穴を開ける代わりに、製造工程を簡略化するためにドアハンドルはなく、その代わりに車両に近づくと自動的に開くという、モデルXのフロントドアと同じような機能を持たせるとフォンホルツハウゼン氏は述べました。フォン・ホルツハウゼン氏によると、この機能はリアドアにも搭載される可能性があるとのことです。

また、フロントドアとリアドアの両方に搭載されるかは音声では不明でしたが、ドア用のボタンが用意されるとも言われています。イーロン・マスク氏がサイバートラックのプロトタイプのフロントドアを開ける様子は、昨年のサイバーロデオで撮影した以下のビデオで見ることができます。

マカフェリー氏とフォン・ホルツハウゼン氏は、ステンレススチール仕上げや傷の除去方法など、サイバートラックに関する他のトピックについても話しています。フォン・ホルツハウゼン氏は、まだ発表されていない機能があるが、それは「製品にとって正しい競争力のあるもの」であり「嬉しい驚き」になるだろうと、期待をあおる発言をしています。

1時間のインタビューでは、サイバートラックだけでなく、ロードスターやモデルS、モデル3のデザインなどについても語られています。

インタビューの全文は以下からお聴きいただけます。各トピックの関連するタイムスタンプは、YouTubeのビデオ(音声のみ)の下にあります。

  • 00:47 ポッドキャスト紹介
  • 03:02 フランツ・インタビュー開始
  • 03:29 ピーターセン自動車博物館のテスラ展示について
  • 06:51 サイバートラックはデロリアンにインスパイアされたのか?
  • 08:39 サイバートラックのステンレススチール仕上げの傷を取り除く
  • 10:54 サイバートラックの仕上げをカスタマイズ?
  • 13:56 サイバートラックのイースターエッグ
  • 17:51 フランツは、サイバートラックのデザインに対する反応を予想していたのか?
  • 20:38 他の自動車会社では、サイバートラックのようなものは許可されない
  • 22:06 サイバーカーはあるのか?
  • 22:58 サイバートラックのデザインは完成したのか?
  • 24:15 サイバートラックのドア
  • 24:49 サイバートラックに搭載されるヨークステアリング
  • 25:23 サイバートラックには、私たちがまだ知らない機能があるか?
  • 26:39 フランツが考える、他のEVピックアップトラックとは?
  • 28:08 次世代ロードスターのステータスアップデート
  • 29:59 絶えずモデルSに取り組んでいること
  • 31:14 モデルSのリフレッシュはどれくらいの期間行われたのか?
  • 33:09 モデルSとモデルXの丸型ステリングについて
  • 34:08 最近のモデルSとモデルXの背面のデザイン変更について
  • 35:55 サイバートラックはバッジを必要としない
  • 36:19 ヨークステアリングに搭載された静電容量式タッチボタンについて
  • 37:22 新型モデルSの空気抵抗係数が大幅に低下したこと
  • 39:30 モデルSは何度フルモデルチェンジされたか?
  • 40:24 テスラのシートについて。
  • 41:38 完全自動運転はフランツの思考回路をどう変えるのか?
  • 42:55 車両の塗装色
  • 45:30 モデル3およびモデルYでもストークは削除されるのか?
  • 46:26 モデルYが世界で最も売れる乗用車になる可能性
  • 48:25 フランツが語るテスラ車の安全性
  • 49:36 フランツとベルリン、上海のデザインスタジオの関係
  • 50:40 デザインから生産までの時間短縮について
  • 52:09 フランツはテスラでどのようにスキルセットを成長させたのか?
  • 53:29 もしモデル3をやり直せるとしたら、何をするか?
  • 54:40 モデル3は4680バッテリーセルとストラクチュラル・バッテリーパックに移行?
  • 55:32 フランツは自分のレガシーをどうしたいのか?
  • 56:49 フランツが今日取り組んだこととは?
  • 58:15 インタビュー以外のニュース。テスラが車両価格を軒並み値下げ
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました