人工知能イベント「テスラ AI デー」第2弾、2022年8月19日開催へ

ai-day-5 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

新たな伝統に基づき、テスラは第1回目からちょうど1年後の2022年8月19日に第2回「テスラ AI デー」を開催する予定です。イーロン・マスク氏によると、多くの興味深いアップデートがあり、それらを語ることで優秀な人材を惹きつけることを目指すイベントということです。

テスラは、高度な人工知能(AI)を使った技術(ハードウェアとソフトウェア)を生産しているので、自動車だけを生産する自動車会社ではなく、技術会社であることは、ほとんどの方がご存じだと思います。テスラは、優秀な人材を同社に呼び込むために、2022年8月に再び「テスラAIデー」を開催する予定です。

テスラは、普通の車を作り製造するという目的にとらわれず、他のメーカーの車ができなかったことを可能にするハイテクな車を作っています。車両の完全な自律性につながる高度なAIや、競合他社と質的に差別化し、テクノロジー企業であることを定義するユニークな機器を生み出しているのです。

そして、これまでにないユニークな製品を生み出すことで、社会に多くの関心を呼び起こす結果となっています。

昨年開催の第1回AIデーに続く新たな伝統を構築し、テスラは2回目のAIデー開催を発表しました。同社CEOのイーロン・マスク氏は、第1回からちょうど1年後の2022年8月19日に開催するとツイートしました。

tesla-ai-day-invitation
Credit:Tesla 2021年開催イベントの招待状

昨年、テスラはAI分野での取り組みやスーパーコンピュータ「Dojo」の誕生など興味深い内容を多数明らかにし、将来性のある人型ロボット「オプティマス」(当時はテスラボットと称した)を発表しています。

このイベントでは、非常に興味深い課題の多くについて最新情報を提供しますが、主な目的は別になります。テスラがAIの分野で働き、開発し、進歩するにつれ、同社はこれらの問題をできるだけ早く解決するために多くのスペシャリストを必要としています。AIデー・イベントの期間中、同社はその進捗状況を共有し、場合によっては今後の開発についても話すことができ、高い開発見込みと相まって、そうしたスペシャリストをテスラで働かせること主な目的としています。したがって、マスク氏が認めたように、今回の2回目のAIデー・イベントの主な目的は、初回と同様、優秀なAIの才能を引きつけてテスラに入社させることなのです。

テスラはハイテクを駆使して高級電気自動車を作ることに特化しています。AIやビッグデータは、企業が顧客層を拡大するための大きな助けとなるのです。テスラは最重要課題として、AIの活用が必要な完全自動運転(FSD)に注力しています。以前、マスク氏が説明したように、テスラの強みは、他社にはない完全自動運転で数百万台の車両を走らせることなのです。

「我々は、自動運転を大規模に開発し、展開します。ビジョンとプランニングによる高度なAIに基づき、推論ハードウェアの効率的な使用に支えられたアプローチが、完全な自動運転への一般的なソリューションを実現する唯一の方法であると信じています。」

オートパイロットを可能な限り高度化するために、同社はハードウェア、ニューラルネットワーク、オートノミーアルゴリズム、コード基盤、評価基盤という複数の領域で同時に開発を進めています。今年の8月19日の第2回「テスラAIデー」では、この分野における同社の開発のすべてのフォーカスエリアについて、より詳しく知ることができると思われます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました