テスラAIデーで得られた3つのポイントとは?

ai-day-5 TESLA News
この記事は約5分で読めます。

今回は、先日主に「採用」を目的に実施された人工知能関連のイベント、テスラAIデーに招待されたJohnna CriderがCleanTechnicaのサイトに投稿した記事をご紹介します。

0.はじめに

先週の木曜日、テスラの「AIデー」イベントに招待され、目の前で披露される未来を目の当たりにしました。このイベントは非常に学びの多いものでした。同時に、今や自動車メーカーの域をはるかに超えた企業であるテスラが何ができるのかを世界に示しました。

私はこれまでに、この歴史的な出来事を目の当たりにしたこと、AIボットのこと、そしてテスラがどのように自動車に命を吹き込んでいるかについて考えを述べてきました。今日は、テスラのAI Dayに参加して得られた3つのポイントをご紹介します。

1.持続可能性を追求するため進化し続けるテスラのアイデンティティ

テスラは2003年に設立されたEVメーカーで、現在はEVの販売台数で世界をリードしていることは皆さんご承知のとおりです。創業以来、新しいモデルを増やしたり、太陽光発電やエネルギー貯蔵製品(バッテリー)に事業を拡大したりして進化してきました。

テスラのミッションは、世界の持続可能性への移行を加速することであり、私たちが一丸となってその移行を成功させるためには、私たち自身が変わる必要があります。

AIデーに参加して印象的だったのは、テスラが人工知能技術のリーダーとみなされるようになったことです。会場には、機械学習やコンピューター 、ソフトウェアなど、さまざまな深い技術的背景を持つ技術者がたくさんいました。イーロン・マスク CEOはイベントの冒頭で、テスラは単なる電気自動車会社ではなく、「推論レベルとトレーニングレベルのハードウェアでの深いAI活動」を行っていると述べました。

Tesla-autopilot-neural-rendering-for-autolabeling-scaled-1
テスラAIデーでのプレゼンテーション

このイベントでスーパーコンピューター「Dojo」の計画を発表し、コンピュータービジョンの問題をどのように解決しているかを詳細に説明することで、テスラは自社のアイデンティティの別の側面を世界に示しました。今のところ、テスラはEVやバッテリー、AIの代名詞となっていますが、いずれはもっと広く人類の進歩の代名詞になるのではないでしょうか。

2.難解で高度な課題を解決

テスラは、さまざまな方法で人類に貢献することを使命としています。しかし、「グリーン化」に必要なのは、竹製のストローを買う、生分解性のゴミ袋を使う、木を植えるといったことだけではありません。これらはどれも良いことですが、それだけでは十分ではありません。なぜかというと、できることは限られているからです。

EVの場合、テスラは、バッテリーを搭載した車が、長い航続距離、急速充電、魅力的なデザイン、優れた機能、そして優れた性能を持つようにする方法を見つけなければなりませんでした。それを実現したのは他社ではありませんでした。テスラが道を示すと、業界は何が可能かを理解し、後に続きました(多くの場合、かなりゆっくりと)。

その後、テスラは定置用蓄電池とEV用バッテリーの設計・製造にギャップがあることに気づき、その問題に取り組み、バッテリーのコストを大幅に下げました。さらにテスラは、そのミッションを拡大して太陽光発電事業に参入し、全米で最も安い屋根型太陽光発電を提供し始めました。

テスラボット

テスラは、広く普及するよう大衆向けのロボットを世界に先駆けて提供しようとしています。同社は最近、これを進めるために、ビジョンベースの自動運転へのアプローチに切り替えました。テスラは現時点でロボットやAIのリーダーになりつつあり、より多くの困難な問題を解決するために、使命感を持ってこれを行っています。

3.完全自動運転を超えて

イベント終盤の質疑応答では、テスラがこの技術を公開するかオープンソース化するかを中心に質問がありました。イーロンは、このシステムの構築にはコストがかかるため、完全なオープンソース化はできないと説明した上で、テスラが他の自動車会社へのライセンス供与に前向きであることを説明しました。

「しかし、テスラは他の自動車会社へのライセンス供与に前向きであると説明しました。タダで働きたいという人がいれば別ですが。」

「でも、もし他の自動車会社がライセンスを取得して自分たちの車に使いたいと思ったら、それは素晴らしいことだと言っておきます。これは、テスラ車だけに限定したものではありません。」

テスラのFSD(Full Self-Driving:完全自動運転)の計画は、必ず実現すると信じています。テスラは、困難に顔をしかめてあきらめるような会社ではありません。テスラがFSDを実用化すれば、自動車メーカーはライセンス費用に見合うだけの価値を見出すかもしれません。自律走行車のための最先端の技術をライセンスするか、何年もかけて自分で開発するか。もっと広く言えば、人間が運転する膨大な数の場所や状況で車を運転することを学べるとしたら、このAIは他に何を学ぶことができるでしょうか?

テスラAIデーの映像は以下をご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

このAIデーのイベントを見ると、TSLA株を買い増ししたくなります。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました