リチウムイオンバッテリー

TESLA News

日産幹部:EVバッテリーは予想以上に長持ちする

ソーシャルメディアを使っていると、EVのバッテリーは数年で消耗してクルマの価値がなくなる、リサイクルできない、有害な化学物質でいっぱいだ、などと主張する「記事」が後を絶たないのが現状です。 日産の英国マーケティングディレクター、ニッ...
TESLA News

ホンダ幹部、リチウムイオンEVはガソリン車ほど安くならない

その代わり、ホンダはEVを手頃な価格にするために固体電池に賭けているようです。 米国ホンダのビジネス・セールス担当副社長デイブ・ガードナー氏によると、アキュラ初のEV、GM開発のSUVがいよいよ登場するのですが、高価なリチウムバッテ...
TESLA News

世界最大のバッテリーメーカーCATL社、ハンガリーに100GWhバッテリー工場建設

この工場で生産されるリチウムイオンバッテリーは、欧州の電気自動車メーカーで使用される予定です。 中国CATL社(Contemporary Amperex Technology Co., Limited)は本日、欧州における大規模な新...
スポンサーリンク
TESLA News

トヨタとパナソニックが米国のリチウムを確保し、EVの生産能力を増強

トヨタ自動車は、アイオニア社のリオライト・リッジ鉱山プロジェクトと新たな供給契約を締結し、米国のEV生産能力を増強するようです。この契約により、アイオニア社はトヨタとパナソニックのバッテリーベンチャー企業に年間4,000トンの炭酸リチウム...
TESLA News

パナソニック、テスラ用4680セルのサンプルを出荷、量産に向け準備中

パナソニックは2日、テスラ用のリチウムイオンバッテリー、4680セル(直径46mm・高さ80mmの円筒形リチウムイオンバッテリー)のサンプルを、大量生産に先駆けてテスラ向けに出荷したと発表しました。パナソニックは、同社の年次投資家向けイベ...
TESLA News

テスラ、100年使える高エネルギー密度の新型バッテリーに関する論文を発表

カナダのダルハウジー大学と提携したテスラ先進バッテリー研究グループは、充電とエネルギー密度についてLFPセルと比較しながら、100年使える新しいニッケルベースのバッテリーに関する新しい論文を発表しました。 2016年に、テスラはカナ...
TESLA News

テスラ、ギガファクトリー全拠点でバッテリーリサイクルを目指す

テスラは、2021年インパクトレポートによると、すべてのギガファクトリーの拠点でバッテリーをリサイクルすることを目指しています。 テスラは2021年インパクトレポートの中で、「私たちは、各拠点に合わせたリサイクルソリュー...
TESLA News

テスラのコバルトフリーバッテリー戦略により、イーロン・マスクは本物の「アイアンマン」に?

テスラは第1四半期決算報告書で、2022年第1Qに生産した車両のほぼ半数がコバルトフリーのリン酸鉄リチウム(LFP)バッテリーを搭載していることを明かしました。しかし、このニュースは、特にテスラの190億ドルの収益とイーロン・マスクCEO...
TESLA News

LFP(リン酸鉄型)バッテリーが台頭、ニッケルの終焉は近いのか?

LFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーは、コバルトやニッケルを使った電池のようなエネルギー密度ではありませんが、製造に必要な原材料が豊富で安価であり、世界中のほとんどの国で手に入るという明確な利点があります。 その結果、価格も安くなる...
TESLA News

テスラはヴァーレ社などのサプライヤーと「秘密の取引」でニッケル危機を回避?

テスラは、ヴァーレ社を含むサプライヤーとの「秘密の取引」によって、現在のニッケル危機を回避しているという新しいレポートが発表されました。 ニッケルの価格は過去12カ月で2倍以上に上昇しています。 世界を電気輸送とクリー...
TESLA News

テスラの共同創業者で元CTOのJ.B.ストラウベル氏、EVバッテリーは15年程度持つべき

テスラの最高技術責任者を長年務めたJ.B.ストラウベル氏が、電気自動車のバッテリーは15年程度持つべきだと考えていることを明らかにしました。これは、ストラウベル氏の新しいビジネスにとって非常に重要なことです。 電気自動車に関して最も...
TESLA News

CATL、4680セルを打ち負かすの新型セルを予告

世界最大のバッテリーメーカーCATLは、今後のバッテリー技術の将来を予告しました。その中では、「航続距離600マイルのテスラは無意味だ」というイーロン・マスクCEOの主張とは逆に、「消費者の航続距離拡大へのニーズは依然としてトレンドである...
TESLA News

イーロン・マスク氏、「テスラは新しいマンガン電池の開発に取り組んでいます」

イーロン・マスクCEOは、テスラがマンガン系正極を用いたバッテリーに可能性を見出していると公表しました。同CEOは、自動車業界は鉱物に至るまでのバッテリーのサプライチェーンにもっと注目する必要があると改めて強調しました。 テスラ・ギ...
TESLA News

テスラは2022年内にバッテリー内製化目標を達成できるか?

リチウムイオンバッテリーは、最先端の電気自動車に採用されている蓄電技術であり、世界の電池生産量は大きく伸びています。しかし、どんな新しい技術でもそうであるように、図面の状態から電気自動車に実用化されるまでの道のりには困難がつきまとうのです...
TESLA News

テスラパートナーのパナソニック、米国にバッテリー新工場の建設

テスラのバッテリーパートナーであるパナソニックが、米国に「大容量リチウムイオンバッテリー」の工場用地を取得することを決定したと、NHKが報じました。 NHKによると、パナソニックは、電気自動車の走行距離を大幅に伸ばす大容量リチウムイ...
TESLA News

テスラ、12Vリチウムイオンバッテリーのトラブル対応実施

今週初め、テスラのメインバッテリーが低充電状態(SOC)であるときに、12Vリチウムイオンバッテリーが故障する現象が発生するトラブルが多数発生しました。 この問題は、リン酸鉄リチウム(LFP)バッテリーが適切にキャリブレーションされ...
TESLA News

テスラの新型バッテリー4680セルの生産歩留まりを示す文書がリークされる!

テスラは、カリフォルニアのカトー・ロードにある工場で、新しいバッテリーセル4680の生産プロセスを完璧にするために懸命に努力しています。 この工程は、歩留まり(生産される良質なセルの数)を犠牲にすることなく、スループット...
TESLA News

2022年EV移行に影響を与える3つの世界的なトレンドとは?

2022年は電気自動車にとって大きな年になることが約束されています。2050年までに二酸化炭素排出量をネット・ゼロにするために、各国が二酸化炭素排出量の削減に取り組んでいるからです。 電気自動車、そして水素自動車は、運輸部門の排出量...
TESLA News

2022年のテスラは、どこまで成長できるかとバッテリーセルが課題

テスラにとっての来たる2022年はどうなるかと考えると、2021年と同様に「成長」を軸にしたものになると考えられます。しかし、さらに競争が激しくなる中で、バッテリーセルの確保に改めて注力することになるでしょう。 ギガファ...
TESLA News

2021年第3四半期時点での米国における電池容量別EVトップ5!

最大のバッテリーパックの容量は、初代日産リーフの4~8倍以上になります。 今回の記事では、米国で発売された(あるいは近々発売される)電気自動車、電気SUV、電気ピックアップの中で、バッテリー容量が大きいクルマをご紹介いたします。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました