テスラ、ギガファクトリー全拠点でバッテリーリサイクルを目指す

4680-strucural-battery-pack02 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、2021年インパクトレポートによると、すべてのギガファクトリーの拠点でバッテリーをリサイクルすることを目指しています。

テスラは2021年インパクトレポートの中で、「私たちは、各拠点に合わせたリサイクルソリューションを提供し、それによって貴重な材料を製造工程に再導入するつもりです」と述べています。

「私たちの目標は、高い回収率、低いコスト、低い環境負荷で安全なリサイクルプロセスを開発することです。経済的な観点からは、大規模なバッテリー材料の回収とリサイクルに関連するコストは、セル製造のために追加の原材料を購入するよりもはるかに低いため、長期的には大きな節約を認識できると考えています。」

テスラは2020年インパクトレポートで、廃バッテリーは100%リサイクルされ、埋立地行きは0%であると述べています。テスラは、2021年でもこの主張を繰り返しました。テスラは2年前、ギガネバダにバッテリーセルリサイクル施設の第1期を設置しました。2021年末までに、ギガファクトリー・ネバダは1週間あたり50トン以上のリサイクル材料の生産量に達しています。

tesla-4680-battery-cells-and-pack
Credit:Tesla

テスラは当初、2022年第1四半期の決算説明会でリサイクルの取り組みを発表しました。テスラ社のパワートレインおよびエネルギーエンジニアリング担当上級副社長、アンドリュー・バグリーノ氏は、正極サプライチェーンのために150トンのバッテリー材料をリサイクルするよう増強していると述べました。

テスラは、環境とビジネス上の理由から、バッテリーパックの寿命延長が最も持続可能なリサイクルオプションであると考えています。テスラがリサイクルするバッテリーのほとんどは、研究開発や品質管理で使用されるプレコンシューマーセルです。

「当社が受け取る少数のポストコンシューマーバッテリーは、主に走行中の当社の車両(主にタクシー的な車両)から発生するものです。当社はモデルS(当社の最も古いモデル)を約10年、エネルギー貯蔵製品をさらに短い期間しか生産していないため、大量のバッテリーを受け取るようになるまでには、しばらく時間がかかると思われます。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました