日産幹部:EVバッテリーは予想以上に長持ちする

nissan-leaf TESLA News
スポンサーリンク

ソーシャルメディアを使っていると、EVのバッテリーは数年で消耗してクルマの価値がなくなる、リサイクルできない、有害な化学物質でいっぱいだ、などと主張する「記事」が後を絶たないのが現状です。

日産の英国マーケティングディレクター、ニック・トーマス氏は「私たちは12年間、電気自動車を販売してきましたが、廃バッテリーはあまりありません。」と彼は最近、フォーブス誌に語りました。

Tesla-battery-cells
Credit:Tesla

EV反対派の熱狂的な期待とは裏腹に、経年劣化したEV用バッテリーが大量に出回るという事態は起こっていません。カールトン・リード氏が最近のフォーブスの記事で説明しているように、電話やラップトップとは異なり、EVにはバッテリーの寿命を最大化するように設計された高度なバッテリー管理システム(BMS)が搭載されているのです。米国では、自動車用バッテリーパックは連邦法によって8年または10万マイルの故障保証がついており、業界の専門家は、ほとんどのバッテリーパックはそれよりもはるかに長持ちすると予想しています。バッテリーの故障と劣化は別物であり、すべてのバッテリーは時間とともに容量が低下し、ドライバーによっては航続距離が徐々に短くなることに不満を感じるかもしれませんが。

トーマス氏は、以下のように言っています。

「私たちは、何か別のものにリサイクルができるバッテリーの大きなストックを持っていません。EVを発売した当初に懸念された、バッテリーの寿命が短いということとは正反対なのです。多くのEV用バッテリーは、車よりも長持ちし、定置型蓄電池として二次利用され、最終的にリサイクルされる可能性があります。自動車の寿命が尽きる15年後、20年後、車からバッテリーを取り出してみると、まだ元気で、おそらく60〜70%の充電が可能な状態になっています。」

「電気自動車からバッテリーを取り出して、新しいバッテリーを搭載するのは現実的ではありません」と彼は付け加えます。「20年後にバッテリーパックを車から外し、車をリサイクルして、バッテリーを再利用する方が持続可能です。最も簡単なのは、車からバッテリー一式を取り出し、輸送用コンテナに載せてラックに入れ、それを太陽光発電設備に接続することです。」

日産はこれまで、事故車などリーフのバッテリーをごく少数回収し、そのうちのいくつかを定置型蓄電池のプロバイダーに供給してきました。トーマス氏によると、現在イギリスのサンダーランドに建設中の日産の新工場では、太陽光パネルや風力発電機からの電力をEVバッテリーで貯蔵する予定だということです。

リサイクルに関しては、バッテリーメーカー、自動車メーカー、新興企業などが、いつか大きな新産業となるべく開発を進めているのが現状です。欧州連合(EU)はすでにEV用バッテリーの廃棄を規制しており、近く規制を更新して特定の鉱物の回収目標を設定する予定です。

「中国では、すでにバッテリーのリサイクル産業が盛んです。私は中国で多くの工場を訪れましたが、そこではバッテリーをブラックマスと呼ばれるものまで粉砕し、すべての貴金属を抽出することが可能になっています。」

フォルクスワーゲングループは最近、ドイツのザルツギッターにバッテリーの研究開発施設を開設し、最終的にはEVバッテリーをリサイクルする予定です。

テスラの共同創業者J.B.ストラウベル氏が率いるバッテリーリサイクル企業レッドウッド・マテリアルは最近、投資家から7億ドルを調達し、ネバダ州カーソンシティで事業を拡大しました。ストラウベル氏は最近、フォーブスの取材に対し、同社はすでに採掘よりも低いコストで使用可能な量の金属を回収できると語っています。

大規模なリサイクルの需要は、おそらく何年か先のことになるのでしょう。「このようなことが実際に必要になる頃には、私はかなり年を取って引退しているでしょう。」と、ニック・トーマス氏はフォーブスに語っています。

しかし、バッテリーの循環型サプライチェーンの構築は、計画的なスピードで進める必要があるプロジェクトです。国際エネルギー機関(IEA)は、現在の世界のバッテリーのリサイクル能力を年間約18万トンと推定しています。リサイクルの専門家がフォーブスに語ったところによると、2019年に販売されるEVだけでも、最終的に50万トンのバッテリー廃棄物が発生するということで、IEAによると、2040年には1,300GWh分の使用済みバッテリーがリサイクルを必要としている可能性があると予想されています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました