テスラはヴァーレ社などのサプライヤーと「秘密の取引」でニッケル危機を回避?

nickel-chart TESLA News
https://ecodb.net/commodity/nickel.html
スポンサーリンク

テスラは、ヴァーレ社を含むサプライヤーとの「秘密の取引」によって、現在のニッケル危機を回避しているという新しいレポートが発表されました。

ニッケルの価格は過去12カ月で2倍以上に上昇しています。

https://ecodb.net/commodity/nickel.html

世界を電気輸送とクリーンエネルギーに移行させる上で、ニッケルは非常に重要な資源です。

長距離走行が可能な電気自動車に必要な高エネルギー密度電池は、いずれもバッテリーセルの正極に相当量のニッケルを使用しています。

電気自動車のバッテリーパックに占めるニッケルの割合は体積・コストともに大きく、電気自動車の中で最もコストのかかる部品といえます。

もちろん、ニッケルは電気自動車用電池以外にもさまざまな用途に使われています。

現在、世界のニッケル供給量のうち、電気自動車用バッテリーに使用されているのは約5%程度ですが、この数字は急速に増加しています。

電気自動車の普及を控えめに見積もっても、この10年で電気自動車のニッケル需要は、ニッケル供給量全体の5%から59%に急増すると予想されています。

つまり、早急に大幅な増産を行わなければ、ニッケルの供給が大きく圧迫されることになるのです。

2020年、テスラCEOのイーロン・マスク氏は、このニッケル供給問題が起こることを見越してニッケル鉱山業者に増産を促しましたが、ロシアのウクライナ侵攻とそれに伴う世界第3位のニッケル生産国であるロシアとの貿易制限により、事態は彼の想像以上に早くエスカレートしてしまったのです。

この紛争でニッケル価格は1トン4万ドル以上まで上昇し、その後3万3千ドル台まで落ち着きました。

ブルームバーグは、テスラがヴァーレ社との取引を含む「秘密の取引」によって、価格高騰の悪影響を回避することができたと報じています。

これには、鉱業大手ヴァーレ社との複数年にわたる供給契約が含まれています。この契約はまだ発表されていませんが、(詳細について名前を伏せることを求めた)この問題に詳しい人々によると、カナダからのニッケルを対象としています。

この報道では、この契約に関する具体的な内容は述べられておらず、何が「秘密」なのかは不明ですが、ヴァーレ社はすでに、テスラの主要なニッケルサプライヤーであることが知られています。

テスラ社は最近、ニューカレドニアから、以前ヴァーレ社が運営していた鉱山からニッケル供給を確保するという大きな取引も行っています。

テスラは、ミネソタ州にニッケル鉱山の建設を検討しているタロン・メタルズ社のように、今後予定されている鉱山との取引を通じて、北米産のニッケルをより多く確保しようとしている状態です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

このEVで最重要の材料の確保日本の自動車メーカーは相当遅れている感じがします。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました