バッテリー電欠のテスラモデル3が復活、航続距離ゼロで立ち往生の危機を救った独特の方法とは?

regenerative-brake TESLA News
https://twitter.com/thatt3slaguy
スポンサーリンク

実際に、テスラ車は非常にユニークな機能を備えており、最近、モデル3が航続可能距離をすべて使い果たして航続可能距離がゼロになったのですが、独特の方法で路上で立ち往生するのを防ぎました。

回生ブレーキの効用

電気自動車であるテスラ車の便利な機能のひとつに、回生ブレーキがあります。一部の車両では、日常的な運転によって生じる航続距離の減少に対処するために、車を減速させることで生じるエネルギーを利用して発電しバッテリーに電力を蓄える機能です。(ドライバーはブレーキペダルを使用せずに)車両は回転エネルギーを電気に変換し、バッテリーパックに戻すだけで、走行距離をある程度追加することができます。

tesla-break-recall

テスラ車では、この仕組みが非常に秀逸です。回生ブレーキシステムは常にオンになっているため、そもそも車を停止するためにブレーキペダルを踏む必要はありません。もちろん、回生ブレーキを採用しているのはテスラだけではありません。しかし、回生ブレーキ機能の使用はハイブリッド車よりも非常に役に立ちます。

以下の例では、モデル3のユーザーは結果としてロードサイドアシスタンスを必要とせず、牽引してもらう事で回生ブレーキ機能を使ってスーパーチャージャーに行くことなく車の航続距離を伸ばし、家に帰るのに十分な航続距離を回復しました。

妹がテスラを0マイルまで走らせて、残り10マイル。私たちは2、3マイル牽引充電して、航続距離を15マイルまで伸ばしました。

技術的な抜け穴の利用

これは技術的にはテスラの回生ブレーキシステムの抜け穴であることを述べておきます。過去には、他のテスラオーナーが道端で立ち往生するのを避けるために、少しでも航続距離を稼ぐためのトリックとしてこれを使用したことがあります。しかし、特にテスラの基準では、これは決して推奨される行為ではありません。テスラのモデル3のオーナーズマニュアルには、以下の指示がすべて大文字で強調されて明記されています。

「タイヤが空転するような状態で車両を運搬しないでください。まれに、極度の過熱により周囲の部品が焼損することがあります。モデル3の輸送には、平台トラックまたは同等の輸送車両を使用することを推奨します。平台を使用する場合、車両の向きはどちらでもかまいません。平台で牽引できない場合、テスラは車輪が回転しないように台車とホイールリフトを使用することを推奨しています。」
この記事はこの投稿を引用・翻訳・一部補足・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました