テスラの新しいオートパーキング、Intel AtomとAMD Ryzen搭載車の違いは…

auto-park-intel-atom-01 TESLA News
https://twitter.com/jonbbc
スポンサーリンク

テスラは、オートパーキングの最新版を追加車両に展開し始めています。車両を自動的に駐車させるこの機能は、当初北米で超音波センサー(USS)を搭載していない車両に展開されていました。しかし、現在FSD v12.3.6では、USSを搭載した車両にも展開されています。

ただし、処理速度が低速のインテルアトムプロセッサを搭載したインフォテインメント・ユニットか、最新のAMD Ryzenプロセッサを搭載したインフォテインメント・ユニットかによって、オートパーキングの見た目に違いがあります。

同じ部分

どちらのプロセッサーであっても、今回の新しいオートパーキングが搭載され、その機能は変わりません。違いはビジュアルと、テスラのハイ・フィデリティ・パーキング・アシストを表示できるかどうかにあります。時速5マイル以下で走行している場合、すべての車両に駐車可能なスポットが表示されます。そして、いずれかのスポットをタップすると、選択した場所に自動的に駐車することができます。

インテル車はまだ新しいビジュアル

何が予想されていたかに反して、古いプロセッサ(インテル・アトム)を搭載した車両は、駐車スポットを超えて、まだいくつかの新しいビジュアルを表示します。ハイ・フィデリティ・パーキング・アシストの控えめなバージョンと考えてください。AMD Ryzen搭載車のパーキング・アシストが物体の完全な3D再構築を表示するのに対し、インテル車はより2次元的な俯瞰図のようなものを表示します。ただし、矢印や駐車線、壁や障壁のような道路標識は表示されますが、残念ながら、通常のビジュアライゼーションのように3Dで回転させることはできません。

これは、超音波センサーと インテル Atom CPU を搭載した私のモデル 3 の FSD 12.3.6 を使用して、昨日私が発見したオートパーキングに関する素晴らしい映像です。
インテルアトム版のオートパーキング

表示される線やオブジェクトは、車両が通常道路上に表示するベクトルベースの線とは異なります。FSDビジュアライゼーションは、実際には、見えている環境を再現しているわけではなく、単に矢印、線、またはオブジェクトを検出し、それをビジュアライゼーションで事前に作成された3Dアセットに置き換えているだけなのです。これらの再構築は、シャープで相当には見えませんが、道路上に実際に描かれているものを模倣します。

AMDプロセッサーを搭載した車両では、以前にリリースされたハイ・フィデリティ・パーキング・アシスト(下のビデオ)を見ることができます。

オートパーキングを使用していないときでも常にハイ・フィデリティ・パーキング・アシストのビジュアルを使用したい場合は、超音波センサーを無効にし、表示される正確なサイズをあきらめる必要があります。

コントロール>オートパイロット>パーキング・アシストで設定を変更し、スタンダードかビジョンを切り替えます。

新しいオートパーキングの対象者

超音波センサーを搭載している場合、新しいオートパーキングは現在FSD v12.3.6(アップデート2024.3.25)でのみ利用可能ですが、オートパーキングには強化型オートパイロット以上が必要なため、将来的にはFSD以外のアップデートにバンドルされるはずです。

新しいオートパーキングは北米でのみ利用可能ですが、テスラがこの機能のテストを続けているため、近い将来、他の地域にも展開される見込みです。

ご自分の車両にインテルアトムプロセッサが搭載されているか、AMD Ryzenプロセッサが搭載されているかわからない場合は、コントロール > ソフトウェア > 追加車両情報 で再確認できます。インフォテインメント・プロセッサーが表示されます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました