「誰も買わなくても構わない」イーロン・マスク、テスラサイバートラックのデザインで

tesla-cybertruck-front TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラのサイバートラックの波乱に満ちた開発歴史の中で、秘密の筋書きが展開されていたようで、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が選択した非常に特徴的な現在のデザインになっていますが、一方かつて2番目のプロトタイプが開発されていたという事が明らかになりました。ウォルター・アイザックソン氏によるマスク氏の伝記によると、テスラのエンジニアの一部は、伝統的なデザインのピックアップトラックを開発するために秘密工作に乗り出していたとのことです。

ウォルター・アイザックソンによるイーロン・マスクの伝記

秘密のセカンド・デザイン

アイザックソン氏が語るように、多くのエンジニアはマスク氏の革新的で前衛的とも言えるサイバートラックの見た目に魅力を感じていませんでした。テスラのチーフデザイナーであるフランツ・ホルツハウゼン氏は、「このスタジオにいる大半の人が嫌がった」と述べており、すでに動き出していた未来的なモデルに対する抵抗が根強くあったことを明らかにしています。

長年にわたり、テスラチーム内でのサイバートラックに対する反発や白熱した議論については耳にしてきましたが、マスク氏が現行のデザインを選択した際、そのサイバートラックの横に駐車されていた代替案、セカンド・デザインについては今回が初耳です。エンジニアが別バージョンの開発を続けていたという事実も新しいニュースです。

より「ありきたりな」代替案への密かな努力にもかかわらず、マスク氏は画期的なデザインへのこだわりを持ち続けました。「大胆にいきましょう。人々を驚かせよう」とマスク氏は主張し、市場のトレンドに流されることなく、真にユニークなものを作ることに集中しました。「誰も買わなくても構わない」とまで断言し、メインストリームとは一線を画した未来的な車を世に送り出すという強い決意を示しました。

マスク氏のビジョン

マスク氏は、『Halo』や『サイバーパンク2077』、リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』といった映画やゲームからインスピレーションを得て、常識を打ち砕き、人々を驚かせるような乗り物を構想しました。前衛的なデザインは従来のピックアップトラック購入者を遠ざけるかもしれないと懸念し、あまり急進的ではないアプローチを主張する者も当時テスラ社内にはたくさんいたようです。

デザインで意見が分かれる中、マスク氏はこのコンセプトの大胆さを支持し、「未来のような未来」への願望を強調しました。伝統的なピックアップトラックデザインの象徴であるシボレー・シルバラードからインスパイアされたデザインなど、多様なコンセプト・デザインをめぐって熱のこもった議論が交わされたブレーンストーミング・セッションでも、マスク氏の強い思いは反映されました。

様々なサイバートラックのコンセプトデザインスケッチ

マスク氏の不屈のビジョンの証として、彼は2019年11月のサイバートラック・イベントに走行可能なバージョンを用意するためにプロジェクトを急ピッチで進め、通常であれば9カ月はかかる準備を3カ月で組み立てるようチームに働きかけました。

その際の別のプロトタイプの存在は謎に包まれたままですが、非常に特徴的なデザインのサイバートラックがもしかしたらその道をたどっていたかもしれません。テスラの未来へ向けた大胆な取り組みにおいて、この別バージョンの所在や詳細は今のところ不明のままです。

この記事はこの投稿を引用・翻訳・一部補足・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました