ユーロNCAP、テスラが衝突試験不正したとの訴えを否定

model-y-ncap TESLA News
https://youtu.be/dKaN3f2zmCQ
スポンサーリンク

ユーロNCAPは、テスラが不正なコードを使って衝突テストをごまかそうとしていたという最近の疑惑を否定しました。当局が行った調査では、結局違反は見つかりませんでした。

9月7日、テスラはモデルYがユーロNCAPとANCAPの安全性評価で5つ星を獲得し、新しいプロトコルの下で最高の総合スコアを達成したと発表しました。

9月10日、インフルエンサーのツイッターユーザーでテスラソフトウェアのハッカーでもあるGreenは、車両コードに、テストを受ける場所によって車両に衝突ボディラベルを付ける規定があるとして、テストの有効性に疑問を呈しました。

「テスラがANCAP対応をコードに追加したところ。これは以前発見した中国、EuroNCAP、韓国NCAPに加えてのことです。なぜこんなことをするのだろう?」

この疑問の声を受けて、欧州の政府系自動車安全評価機関であるユーロNCAPは、これが事実かどうか、テスラが衝突試験で不正をしようとしたのかどうか、調査に乗り出しました。これまでのすべての結果から、メーカーがテスト結果を操作し、最高の安全評価を得るために不正を働いたという証拠はまったくないと、ユーロNCAPプログラムディレクターのアレッド・ウィリアムズ氏は先週、CNNビジネスの電子メールに語りました。

ncap-model-y
https://www.euroncap.com/en/results/tesla/model-y/46618

「ユーロNCAPにとって、星評価スキームの整合性は最も重要であり、消費者が自動車に期待する安全性を評価に反映させるために、今後もできる限りの努力をするつもりだ」とウィリアムズ氏は述べた。これまでのところ、ユーロNCAPの調査によって、テスラがテストを「ごまかそうとした」証拠は見つかっていません。」

ユーロNCAPはまた、テスラがジオフェンシングを使用して、車がテスト場所にいることを判断し、その性能を変化させたという証拠も見つからなかったと述べています。

ウィリアムズ氏は、こうした調査は珍しいことではなく、他のメーカーの調査と比較して、テスラの調査がメディアで大きく取り上げられただけだとも付け加えました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました