テスラモデルY、欧州の新車安全性評価で最高評価を獲得

TESLA News
https://youtu.be/dKaN3f2zmCQ
スポンサーリンク

テスラモデルYがユーロNCAPとANCAPの安全性評価で5つ星を獲得し、新制度のもとで最高の総合スコアを達成しました。モデルYは、そのSUVセグメントと一般的なセグメントのそれぞれで、最も安全であることを再び証明しました。

詐欺師、テスラ株空売り業者、一部のジャーナリストがテスラ車は安全でないと言っていることがありますが、同社は、テスラ車がそれぞれのセグメントと自動車市場全体で最も安全であることを改めて証明しました。テスラモデルYは、ユーロNCAPから5つ星を獲得し、新しいプロトコルの下で最高の総合スコアを達成したと、同社のブログで報告されています。

Credit:Tesla

テスラは常に可能な限りの安全性を追求し、この考えを軸にすべての車を作っています。そのため、すべての車が最高の安全性評価を獲得し、最悪の事故の際にもすでに何度も乗員の命を救ってきました。同社は自動車の安全性を向上させ続けており、安全性テストがそれを証明しています。

テスラモデルYはこのほど、欧州新車評価制度(ユーロNCAP)の新しいプロトコルに基づく厳格なテストにパスしました。このモデルYは、最新のユーロNCAPテストプロトコルでテストされた車の中で最高の総合得点である5つ星を獲得しまし、これは、モデルYの大人、子供、自転車や歩行者などの交通弱者の保護能力、および安全支援機能についての評価によるものです。モデルYは、成人乗員保護性能97%、子供乗員保護性能89%、交通弱者保護性能82%、セーフティアシスト性能98%を獲得しました。

ncap-model-y
https://www.euroncap.com/en/results/tesla/model-y/46618

成人乗員保護カテゴリーで97%という素晴らしいスコアは、このプロトコルでテストされたどの車両よりも高いものです。このカテゴリーは、前面、側面、背面のむち打ちテストに加え、救助、救出、衝突後の安全性など、いくつかの安全属性の分析によってスコアが決定されます。

ユーロNCAPでは、最新の製造技術と安全装備で生産された新型モデルYを使用しました。

  • リアアンダーボディキャスティング:リアアンダーボディキャスティングと強化バッテリーパックの組み合わせにより、セーフティセルに大きな衝突強度を与え、コンパートメントの完全性を維持することに貢献しています。この強度により、先進のシートベルトシステムが車室内に効果的に展開し、乗員をしっかりと保持し、車室外への飛び出しを防ぐことができます。
  • ファーサイドエアバッグ:前席乗員が2名の場合、側面衝突時に乗員をさらに保護します。前席の間に展開し、乗員同士の接触による頭部の傷害を防止します。
  • マルチコリジョンブレーキ:衝突後に自動的にブレーキシステムを作動させ、二次衝突の防止に貢献します。
  • 衝突回避支援ドライバーモニタリングシステム:このシステムのダイレクトモニタリングにより、注意力散漫なドライバーを検知し、前方衝突警報システムの感度を自動的に調整し、より反応しやすくします。

モデルYは、ユーロNCAPのセーフティ・アシスト部門でも98%のスコアを獲得しました。この結果は、現在北米と欧州で納車されるすべてのテスラ車に標準装備されている、同社のカメラ映像とニューラルネット処理システム「テスラビジョン」を搭載したモデルYで達成されたものです。カメラだけで達成できることを業界全体が何年も否定していましたが、テスラはそうでないことを証明しました。

さらに、自動緊急ブレーキは、車両の進路変更時や交通弱者を巻き込んだ後退時に、引き続き大きな改善を示しています。モデルYは、レーン・サポート・システム部門でも満点を獲得しました。レーンサポートシステムは、ユーロNCAPによると、単独事故や前面衝突の主な原因の一つである偶発的な道路逸脱を低減するのに役立つシステムです。

テスラはまた、ユーロNCAPの認定が、モデルYのオーストラリア新車評価プログラム(ANCAP)による5つ星評価と同時に行われたことを強調し、ANCAPは次のように書いています。

「テスラ モデルYは、ANCAPのアセスメントの4つの柱すべてにおいて素晴らしい成果をあげ、セーフティアシストの柱では過去最高の98%のスコアを獲得し、最新の2020-2022年の評価基準に対してこれまでで最高の成人乗員保護スコア(97%)を達成しました。」

「テスラ モデルYは、他の車両、歩行者、自転車との衝突回避能力において高い性能を発揮し、衝突回避試験シナリオの大部分で最高点を獲得しました。また、モデルYは、車載カメラによるモニタリングで注意力散漫なドライバーを検知し、注意力散漫や運転特性の悪化が検知された場合、前方衝突警報(FCW)システムの感度を自動的に高めて反応性を高めるダイレクトドライバーモニタリングシステム(DMS)を標準搭載しています。2023年からは、ANCAPの2023年試験・評価基準において、直接DMSの機能が評価されます。これは、現在の評価基準の一部を形成している間接的モニタリングシステムの評価から一歩前進したものです。」
この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました