ノルウェーのテスラオーナー不満爆発、イーロン・マスクに実情を知らせるためハンスト敢行

tesla-owners-hunger-strike TESLA News
CREDIT: TESLA HUNGER STRIKE
スポンサーリンク

ノルウェーの一部のテスラオーナーは、自分たちのクルマの様々な問題についてイーロン・マスクCEOの注意を引くために、極端な方法を取っているようです。このグループは、自分たちの車に発生している数々の問題について不満・不快感・クレームを示すために、ハンガーストライキまでおこないました。

「イーロン・マスク氏がノルウェーのテスラオーナーの悩みを知れば、数々の問題を解決してくれると信じている」と、同団体の公式サイトに書かれています。これは、イーロン・マスク氏が最近、2022年のONSカンファレンスに出演した際に、ノルウェーの電気自動車への支援に非常に感謝していると述べていることから、決して突飛な感情ではないと思われます。

しかし、数々の不満を持っているテスラオーナーのグループによりますと、彼らは自分の車のたくさんのトラブルで苦労しているとのことです。オーナーたちは、寒冷地での問題、製造品質の問題、メーカーとオーナーとの悪いコミュニケーションなど、課題となっている29の問題をリストアップしています。

以下は、オーナーたちの不満の全リストです。

  • 寒冷地で車が始動しない
  • 寒冷地でドアハンドルが開かない
  • キーキーという激しい異音
  • 暖かくなると逆に車が始動しない
  • シートに気泡が入る
  • フロントシートがすぐへたる
  • トランクリッドに雨水が溜まる
  • オートパイロットが正しく動作しない
  • インターネットが遅い、思うように動かない
  • ワイパーが効かない(十分な効き目がない)
  • スピードバンプなどの段差を通過するときにクルマがギシギシと音を立てる
  • 装飾用モールが緩んでガタつく
  • ライトが正しく点灯しない
  • ドアが正常に動作しない
  • ドアが勝手に開く
  • コンピュータがフリーズする
  • ディスプレイ画面の縁が黄色い
  • ウィンドウが完全に閉まらない
  • システムが勝手にリセットされる
  • 充電に問題がある
  • バッテリーの劣化
  • 新車の錆の問題(特にモデル3)
  • 塗装の品質が悪く、再塗装が必要になる
  • 車の寿命まで無料で充電できると約束されていたが、新しい充電ステーションが車に適合しない
  • テスラが主張するよりバッテリー寿命が短い
  • エアコンの不具合
  • 車検時にすべての問題が解決されるわけではない
  • テスラから連絡すると約束されたが、連絡がない。
  • テスラが応答するまで、長い間電話で待たなければならない

この団体は、今回の取り組みを広めるために、協力いただける方に呼びかけています。テスラオーナーによると、ノルウェーは、世界のどの国よりも一人当たりのテスラ所有台数が多いため、一種の炭鉱のカナリア状態になっているということです。

「私たちは、ノルウェーの不満なテスラオーナーの集まりです。イーロン・マスク氏が私たちの悩みを知れば、状況を解決してくれるはずだと信じています。どうか彼の注意を引くのに協力してください。」

今回のテスラのオーナー団体を代表してハンガーストライキを始めた非テスラオーナーのエルレンド・モーク氏は、テスラが耳を傾けてくれることを望んでいる、と伝えています。そうでなければ、競合他社に追いつかれる可能性があるとレポートした。”終わったからには、テスラが耳を傾けてくれることを願っています。これは彼ら自身の自己利益になる。彼らはEV市場を支配するために非常に良い位置にいますが、もし多くの人がこのようなトラブルを経験すれば、他の自動車メーカーが彼らの座を奪う準備をするでしょう」とモーク氏は述べました。

モーク氏は、ハンガーストライキには17台のテスラのオーナーをはじめ、グループの趣旨に賛同した人たちが参加したと付け加えた。ハンガーストライキは、2022年8月27日から8月28日の24時間にわたって行われました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました