ノルウェー、2022年3月のプラグインEVシェアが過去最高の92%に!

March-2022-Norway-Passenger-Auto-Registrations-SQ TESLA News
https://cleantechnica.com/2022/04/02/norway-at-new-record-high-92-plugin-ev-share-in-march/
スポンサーリンク

EV普及の先進国であるノルウェーの2022年3月の市場シェアは、BEV(バッテリー電気自動車)を含むプラグインEVが91.94%、そのうちバッテリー型電気自動車(BEV)が86.1%となりました。自動車市場全体の台数は16,238台で、前年同月比約6%増となり、この3月はテスラのモデルYが首位に立ちました。

2022年3月 ノルウェーにおける乗用車登録
https://cleantechnica.com/2022/04/02/norway-at-new-record-high-92-plugin-ev-share-in-march/

3月のプラグイン車全体では91.9%ですが、その内訳は過去最高の86.1%を記録したフルバッテリー車(BEV)が圧倒的に多く、プラグインハイブリッド車(PHEV)の寄与はわずか5.8%でした。その他のパワートレインでは、ガソリンエンジンのみで2.8%と半分以下となっています。

ノルウェーのプラグインハイブリッド車のシェアは、前年同月比82%から90.1%となった。BEV は前年同月比 52.8%から 82.9%となり、完全電動化のゴールに向けて加速している状況といえます。

ノン・プラグインパワートレーンのシェアは、前年同月比15.1%から8.1%に減少しました。

ノルウェーで人気のEV

2022年3月はテスラが例年通り四半期末の納車ラッシュを迎え、テスラの兄弟車、モデルY、モデル3がランキング上位に入りました。3位と4位はフォルクスワーゲンID.4とアウディQ4 e-tronが獲得しています。

2022年3月単月 ノルウェーにおけるバッテリー型電気自動車販売台数ランキング
https://cleantechnica.com/2022/04/02/norway-at-new-record-high-92-plugin-ev-share-in-march/

ID.4については、この3月に最近の月平均の2倍程度売れたようです。

ノルウェー市場は成熟しつつあり、不規則な動きはあまり見られないため、ここでのトップ20には大きなサプライズはありません。

2022年第1四半期の3ヶ月間の実績を見ると、ノルウェーの自動車市場はより均質なものとなっています。ここでは、テスラの2車種がリードしており、特にモデルYが大きくリードしている状況です。これより下位は、販売台数のばらつきがあまり顕著でありません。

https://cleantechnica.com/2022/04/02/norway-at-new-record-high-92-plugin-ev-share-in-march/

過去3ヶ月間の製造グループシェアでは、VWグループが6,336台でトップ、テスラの5,060台を上回りました。3位は現代グループで3,900台となり、この3社でBEV市場の57%以上を占め、他のメーカーは大きく引き離されています。

最新情報

ノルウェーの乗用車の既存も含めた車両構成については、2022年第1四半期の公式データを待っているところです。しかし、分析では、BEVはノルウェーの自動車構成において約17.1%を占めており、そのシェアは四半期ごとに1.25%ずつ伸びています。一方、PHEVのシェアは6.5%弱(四半期ごとに0.25%ずつ増加)となっています。

現時点では、プラグイン車シェアはノルウェーの乗用車全体の 23.5%となっている状況です。しかし、新車の販売でプラグイン車が90%から100%に移行し、通常以上に古い燃焼式自動車の退場を前倒しして(あるいは海外に輸送して)プラグインに早く乗り換える人が増えるにつれ、この傾向は加速する可能性があります。

現在のトレンドラインでは、遅くとも2026年半ばには、ノルウェーの保有車両の半分がプラグイン(ほとんどがBEV)になると思われます。2025年末になる可能性もあります。

2030年には、車両構成の75%以上がプラグインになり(おそらく85%まで上昇)、残りの内燃機関式自動車は車齢10年以上となり、ほとんど運転されなくなるでしょう。したがって、CO2排出量の減少は、車両総数の数値よりも速く起こり、2030年には、道路燃料需要は移行前の10%以下になり、減少していくと推測されます。

見通し

スウェーデンの同様のレポートで、供給不足とコストインフレが、今後数ヶ月の間に欧州でのBEV(他の自動車も同様)の入手に影響を与えるかもしれないと述べました。しかし、ノルウェーは、新車購入者が比較的裕福で、価格上昇に耐えられる比較的ボリュームの少ない自動車市場であることは明らかです。そのため、ノルウェーのBEV販売台数は大きく減少することはないと推測されます。

燃料価格が顕著に上昇しているため、内燃機関車のユーザーは今後のことを見直すかもしれません。

現在の不確実な状況下では、今後数ヶ月のプラグイン車の進捗を予測することは非常に困難です。しかし、ノルウェーの国土の小ささと前述の相対的な豊かさを考慮すると、今後数ヶ月はBEVが80%以上のシェアを維持し、プラグインEVは90%前後を維持すると考えられ、12月にはBEVだけで90%になる可能性まであります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

プラグインEVが9割というより、そのうちBEVが86.1%というのが信じられないくらい凄いことですね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました