イーロン・マスク氏、信頼関係の構築と持続可能な未来への道筋について語る

elon-musk-0829-22 トピックス
https://youtu.be/IZ8JQ_1gytg
スポンサーリンク

イーロンは、ノルウェーで開催された2022年オフショア・ノーザンショア会議に出席し、信頼関係の構築と持続可能な未来への道筋について大いに語りました。

2022年オフショア・ノーザンショア会議のテーマ

シェル社CEOのエドワード・ダニエルズ氏は、会議の冒頭で、その中心テーマである「信頼」を紹介しました。ダニエルズ氏は、人々がエネルギー企業を信頼することに苦労していることを持ち出し、世界が公平なエネルギーシステムに移行するために、人々のエネルギー企業に対する信頼度を向上させる必要があると述べました。

イーロン・マスク氏は、ダニエル氏に同意したようです。テスラのCEOは、法律の範囲内でアイデアの自由な流れや言論の自由を信じていることを話しました。

マスク氏、石油・ガス・再生可能エネルギーシステムを語る

イベントの前にマスク氏は、現在の社会を維持するためにガスと石油が必要であることに言及しました。しかし、持続可能な未来に向けて努力する必要性があることも強調しました。

石油やガスの利用水準について問われたイーロン・マスク氏は、以下のように答えました。

「現実的、短期的には石油やガスを使う必要があると思います。そうでなければ文明が崩壊してしまうからです。文明が機能し続けるためには、石油とガスが必要なのです。そして、実際に、特に最近では、ロシアの制裁で、我々は文明を維持するために石油とガスを供給する必要があると思います。合理的な人なら誰でもそう結論づけると思います。同時に、持続可能なエネルギーの拡大を加速させなければなりません。」

マスク氏は、ノルウェーの風力発電や水力発電の可能性について考察し、そのエネルギーを南ヨーロッパに輸出することができるかもしれないと付け加えました。 またマスク氏は会見で、再生可能エネルギーはより大きなバッテリーパックと組み合わせるべきだと繰り返し、テスラなどの企業がすでに大型のバッテリーパックを作っていることを紹介しました。

マスク氏のEV予測

イーロン・マスクCEOは、2030年までに道路を走る車の半分が電気自動車になると予測しました。2035年には約8割の自動車が電動化されると期待を寄せているとも語っています。世界の多くの国々がEVの未来に向かって努力している状況で、ノルウェーは電気自動車の未来に向けて頑張っており、イーロンはノルウェーという国と国民がこれまで歩んできた歩みをほめたたえ、感謝をささげました。

「ノルウェーの人たちに、ねえ、あなたたちは本当に違いを生んだんだということを知ってほしいんだ。ありがとう、と伝えたい」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました