中国のリゾート地で、スパイの懸念によりテスラ車の乗り入れを禁止に

delivery-center-china-02 TESLA News
スポンサーリンク

これは新しい問題ではありませんが、中国のある町での最近の動きによって、このセキュリティ上の動きが再びクローズアップされるようになりました。

テスラが中国・上海に自動車工場を開設して間もなく、様々な詮索を受けたのは記憶に新しいところです。ブレーキ故障の話を捏造したデモ参加者だけでなく、EVに搭載された先進運転支援システム用カメラ、内蔵ダッシュカム、セキュリティシステム「セントリーモード」が標準装備されていることに対する政府の懸念もありました。

つまり、軍事基地など警備の厳重な場所に侵入し、映像を撮影されることを中国は懸念しているのです。テスラの車載カメラシステムで撮影された映像は、ローカルに保存され、その後共有することができます。さらに、テスラの車両はデータをクラウドに送信するので、それが心配の種になる可能性もあります。

sentry-mode

最近は中国におけるテスラに対するセキュリティ上の懸念が収まったように見えていたので、この問題についてはあまり聞かれることはありませんでした。しかし、最近のレポートによりますと、テスラの車両は現在、上海近郊のリゾート地である北戴河への立ち入りが禁止されています。実際、この町では、スパイ行為に関する懸念から、今後2カ月間、すべてのテスラのEVの乗り入れが禁止されています。

テスラには中国でのトラブル・障害や問題がある一方で、同社が中国やその指導者とうまく関係を築いているように見えることは非常に重要なことです。テスラは、通常は中国企業との合弁事業でしか認められない中で、中国に独自の工場を持つ初めての外国自動車メーカーです。他のすべてのケースでは、中国は外国の自動車メーカーが現地企業と提携して工場を運営し、自動車を販売することを義務付けています。

テスラと中国の関係がどうであれ、中国の指導者たちが、自動車が機密情報を記録し、それが悪人の手に渡る可能性に懸念を持ち続けるのは理にかなっています。現在、ウクライナでは戦争が進行中であり、ロシアは世界中の国々に懸念を与えているため、この点は特に重要です。

先の報道が表面化したとき、テスラのイーロン・マスクCEOは、中国に対して、自社の車両をスパイに使っているわけではないと断言しました。また、中国にあるテスラの車から収集したデータはすべて中国国内のローカルストレージに保存すると付け加えました。そのためにテスラ社は、情報を保存するためのデータセンターを中国に設立しました。

しかし、今回のレポートによると、北戴河の政府関係者は最近、次のような声明を発表したようです。

「地元の交通警察関係者が月曜日にロイター通信に語ったところによると、7月1日から少なくとも2ヶ月間、毎年夏に秘密裏に行われる党首会談の会場である中国沿岸部の北戴河地区へのテスラ車の乗り入れが禁止される予定です。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました