テスラ・ヒト型ロボット「オプティマス」はEVより価値あるものに

teslabot-in-china TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、新しい技術を開発・公開することで、未来を作り続けています。二足歩行ロボット「オプティマス」(テスラボット)は、最終的には自動車事業やFSD(完全自動運転:Full Self-Driving)よりも価値があると、イーロン・マスク氏は改めて強調しました。

2021年8月、テスラのイーロン・マスクCEOは人工知能イベント「AI Day」で、ヒト型ロボットを公開し、「幅広いタスクをこなす汎用マシンになる」と述べました。

2022年4月7日、ギガファクトリー・テキサスのオープニングイベント、サイバーロデオで、マスク氏は、テスラが2023年にロボットの最初のバージョンの生産を開始する可能性があると述べました。

2021年の決算説明会では、マスク氏は同社の新開発製品の重要性を説明しようとした。製品の優先順位で言えば、ヒト型ロボットはテスラが2022年に行う最も重要な製品開発であるとも述べています。さらに、マスク氏は、オプティマスが時間の経過とともに車両事業よりも大きな意味を持つようになる可能性があると説明しました。

「だから、製品の優先順位で言えば、実は今年行う最も重要な製品開発は、ヒト型ロボット「オプティマス」だと思うんです。これは、時間の経過とともに、自動車事業よりも大きな意味を持つ可能性があると思います。」

また、マスクCEOは、この新開発の真の重要性を説明しました。彼によると、労働はあらゆる経済の基礎であるため、オプティマスは人間の労働に代わる普遍的な存在になるということです。

さらに、今後問題となる出生率の大幅な低下による労働力不足も、このロボットによって緩和されるということのようです。2021年12月、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のボードサミットで、マスクCEOは以下のように語っています。

「(テスラボット「オプティマス」は)時間とともに人間の労働力を一般的に代替する可能性を持っています。経済の基盤は労働です。資本設備は本質的に労働を蒸留したものなのです。様々なことの根本的な制約は労働力不足なのです。人が足りないのです。これはいくら強調してもしきれません。文明にとって最大のリスクは、少子化と急速な出生率の低下だと思います。」

オプティマスの持つ重要性を考えれば、人類の普通の生活を根本から変え、大きなブレイクスルーとなることは明らかです。しかし、人々はまだそのことに気づいておらず、一方でそのことにマスクCEOは気づいています。

「そして、もちろん、オプティマスですが、オプティマスのロボットプログラムの影響の大きさに人々が気づいていないことに驚きました。」と、2022年第1四半期の決算説明会で述べました。

マスク氏は、今後数年のうちに、オプティマスがその真の重要性を示すことになると改めて強調しました。彼は、オプティマス・プログラムが最終的に同社の自動車事業やFSD以上の価値を持つようになると確信しているようです。

「オプティマスの重要性は、今後数年のうちに明らかになるでしょう。洞察力のある人、あるいは注意深く耳を傾ける人は、オプティマスが最終的に自動車事業よりも、FSDよりも価値があることを理解するでしょう。」

ヒト型ロボットは、身長5フィート8インチ(1.73m)、体重125ポンド(57kg)、最高速度5マイル(8km/h)になるそうです。同社はフレンドリーなロボットを開発していますが、人間より優れている可能性があるというマスク氏の懸念を知っているため、テスラは特別に安全策をとっているとのことです。

テスラボット・オプティマスは、何か問題が発生した場合でも、人間が逃げたり、圧倒したりできるように、低速であまり強力ではない特別な設計にする予定です。

「機械的なレベル、物理的なレベルでは、逃げることも、圧倒することもできるように設定しています。うまくいけば、そんなことは起こらないのですが、わからないものです」とマスクCEOは言います。

テスラボット・オプティマスは軽量な素材で作られ、40個の機械的アクチュエーターによって人間のような敏捷性を持ちます。腕に12個、手に12個、脚に12個、胴体に2個、首に2個、合計40個のアクチュエータを搭載しています。また、バランスをとるための2軸の足とフォースフィードバックセンシングを搭載する予定です。加えて、頭部にスクリーンを搭載し、有用な情報を表示する予定です。

tesla-bot
Credit:Tesla

テスラボット・オプティマスは、8台のオートパイロットカメラ、FSDハードウェア、マルチカムビデオニューラルネットワーク、ニューラルネットワークプランニング、オートラベリング、シミュレーションとツール、Dojoトレーニングなどを搭載する予定です。

Credit:Tesla

つまり、特定のルートをプログラミングすることなく、環境の中で自立的に動けるようになります。最終的にテスラボット・オプティマスは、簡単な依頼からもっと面倒な作業、例えば食料品を買いに行くなど、人から与えられるさまざまなコマンドを実行する必要があるのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました