テスラ、中国に引き続き北米でも紹介プログラムが一新される

tesla-referral-program TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラの人気の販促プログラム「リファラル(紹介)プログラム」が復活しました。米国のテスラオーナーからの報告によると、テスラはクレジットベースの紹介プログラムを展開し、顧客が紹介に対して獲得したい報酬を選択することができるようになりました。紹介に対する報酬は、テスラの公式グッズから完全自動運転スイートのような車載用アップグレードまで、多岐にわたります。

テスラの紹介プログラムは、テスラのオーナーに友人や家族、知人にテスラのエコシステムへの参加を促すインセンティブを与えるもので、特に創業初期のテスラにとって非常に重要なマーケティングツールとなっていました。テスラの最初の紹介プログラムは、テスラとその製品を推すオーナーの波となり、中には数台の車を無料で獲得できるほどの紹介を獲得する人もいました。

その後、紹介プログラムはテスラによって、より控えめな賞品セットに刷新されましたが、これはモデル3および後にモデルYが人気を博したときに展開されたことを考えれば、意味があることです。このプログラムは、スーパーチャージャーの無料マイルやクールな無料アイテムを提供していましたが、テスラによって昨年9月に正式に一時中断されました。

紹介プログラムが復活する兆しは、先月、テスラのソフトウェアトラッカーであるTeslascopeが最初に報告したもので、テスラのモバイルアプリが紹介者の引き換えを参照する新しいテキストストリングを備えていたのです。その文字列は、無料のスーパーチャージャー・マイル、公式グッズ、車両アクセサリーに言及したものでした。テスラの紹介プログラムは、このようなインセンティブを特徴としています。

今回復活したテスラの現在の紹介プログラムを見てみると、紹介を獲得するごとに紹介者がクレジットを獲得できるようになったことがわかります。今のところ、テスラのソラールーフとソーラーパネルのみが紹介クレジットとして掲載されているのですが、今後、テスラの車両ラインナップも含めてアップデートが行われてもおかしくはないです。ソーラールーフとソーラーパネルの紹介で得られるクレジット(各6,000クレジット)は、テスラのモバイルアプリ「Loot Box」を通じてアイテムやサービスとの交換に利用できるようになります。

テスラオーナーがオンラインで公開した動画や写真では、テスラショップの数多くのアイテムが紹介プログラムのクレジットで引き換え可能であることが紹介されています。例えば、テスラの「レット・ザ・サンシャイン」Tシャツは700クレジットの価値があり、テスラ・シッピング・グラスのようなノベルティグッズは1,750クレジットの価値があります。ウォールコネクターのような大型のアイテムは6,000クレジット、J1772ウォールコネクターは11,000クレジットの価値があります。

ウォールコネクタは6000クレジット

テスラの新しい紹介プログラムのサポートページでは、獲得できるクレジットの数に制限はありませんが、クレジット自体の有効期限は付与日から12ヶ月間であることがレポートされています。また、還元されたアイテムは返品・交換不可となります。米国のテスラオーナーで、紹介によるクレジットを獲得したい方は、モバイルアプリを最新版のv4.14.4にアップデートし、新しいLoot Boxにアクセスできるようにすることをお勧めします。

テスラのクレジットベースの紹介プログラムに関する詳細は、こちらをご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました