テスラCEOイーロン・マスクがVW幹部会議にゲストとして登場!

herbert-and-musk TESLA News

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、フォルクスワーゲン幹部会議にサプライズのゲストとして登場しました。VWのCEOであるヘルベルト・ディースは、ベルリングリュンハイデに建設中のGIGAベルリンファクトリーも訪問すると述べました。

両社のトップの関係を見ると、それぞれが業界のトップになるだけでなく、世界に一台でも多くのEVを提供しようと努力していることがわかります。

テスラの目指す世界は、すべてのICE車(内燃機関車)がEVに置き換わる世界ですから、マスクCEOは自分の願望を実現するために、EVを増産する企業を歓迎しています。そのため、競合他社とのコミュニケーションにも積極的で、自社の特許を他社にも開放しています。

イーロン・マスクCEOとヘルベルト・ディースCEOは、古くからの知り合いです。競合する会社を率いているにもかかわらず、似たような目標に向かって努力し、それをお互いに尊重しています。ヘルベルト・ディースCEOは、ミュンヘンで開催されたIAA Mobilityでのインタビューで、テスラのCEOであるイーロン・マスクへの感謝の気持ちを述べました。

ディースCEOはCNNビジネスの取材に対し、自分とマスク氏の類似性について語り、マスク氏を非常に高く評価していると述べています。

「私は彼の仕事をとても尊敬しています。彼は素晴らしい人だと思います。そして、それは本当に重要なことなのです。彼は自分のプロジェクトで世界を変えようとしています。私は、彼が非常に遠い未来のことを考えていることがとても好きです。遠くまで考えている。そして、彼は素晴らしい人なのです」

この2人のリーダーが同じような目標を多く持っていることもあり、マスクCEOは繰り返しディースCEOへの敬意を表明しています。例えば、2019年には「ディースは、電気自動車への移行をどの大手自動車メーカーよりも多く行っている」とツイートしています。

現在、2人の関係はさらに親密になっており、最近開催されたVWのカンファレンスにマスクCEOがサプライズゲストとして参加しました。ディエスCEOは、10月14日にオーストリアのアルプバッハで開催された幹部会議に、この米国BEVメーカーのトップをスピーカーとして招待しました。

ディースはこのニュースをツイッターで紹介し、参加してくれたことへの感謝と、近々ベルリングリュンハイデに建設中のGIGAベルリンファクトリーを訪問することも約束しました。

ヴォルフスブルク本社の新しい考え方と革命により、我々は新たな競争に打ち勝つことができます。アルプバッハでは200人のトップマネージャーと良いミーティングができました。我々の会社にとって重要なポイントで大きな責任がある。参加ありがとう。
@イーロン・マスク(&エリン・メイヤーINSEAD教授)
まもなくグリュンハイデにも訪問します。

イーロン・マスクと同じく招待されたエリン・メイヤーINSEAD教授

オンラインでの参加中マスク氏は、競合他社であるフォルクスワーゲンを称賛しました。

「フォルクスワーゲンはアイコンである」と述べ、自身もVWやポルシェ911のさまざまなモデルを長い間運転していたと語った。

テスラが競合他社よりも早く開発し、機敏な動きができる理由を聞かれたマスクは、「経営スタイルにある」と説明しました。テスラのトップは、まずエンジニアであり、クルマそのものに加えて、サプライチェーンや物流、製造プロセスにも鋭く目を光らせているのです。また、マスクCEOは、「フォルクスワーゲンが業界の変化にうまく対応してくれることを期待している」とも述べました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

日本の自動車産業はこの先どうなっていくのでしょうか?

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました