テスラ vs フォード:どちらのEVメーカーが買いか?

ford-and-tesla TESLA News
https://www.topgear.com/car-news/
スポンサーリンク

新興の電気自動車産業が成長を続ける中、既存の自動車メーカーであるフォードは、テスラに追いつくためにゼロエミッション車やトラックに大量の資金を投じている企業の一つです。長い目で見れば、テスラとフォードのどちらを購入するのが良いのか、特にまだ比較的新しい市場においては、判断に迷うところです。

今月初め、モトリーフールのルーク・マインドル氏は、EV市場の大幅な成長を前に、投資家にとってフォードとテスラのどちらがより良い買い物となるかを考察しました。テスラが初期のEV業界で圧倒的な強さを誇っている一方で、フォードがF-150ライトニングピックアップとマスタング・マッハEを素早くリリースしたことは、既存の自動車メーカーの今後の勢力拡大の始まりに過ぎません。

2021-ford-mustang-mach-e-4-101-1612182937
2021-ford-mustang-mach

マーケット・リサーチ・フューチャーのデータによると、EVの市場規模は2030年までに9,570億ドルに達すると推定されています。これは、2022年からの複合年間成長率(CAGR)の合計が24.5%になると予測しており、このデータはすべてのEVメーカーにとって良い兆候となりそうです。

テスラは2022年第2四半期、サプライチェーンの問題やギガ上海工場での長期の生産停止がまだ続いているにもかかわらず、前年同期比41.6%増の169億ドルの収益を計上しました。この間、生産台数は前年同期比で25.3%、納車台数は26.5%増加しました。

この1年間で、テスラは約110万台の車両を購入者に納車しています。テスラのイーロン・マスク氏も、毎年開催されるテスラの年次株主総会で、テスラが世界で最も価値のある企業になると予言しています。

一方で、フォードのEV生産拡大は遅々として進まない状況ですが、F-150ライトニングですでにEVピックアップ市場のトレンドとユーザーニーズを掴んでいます。フォードは2022年第2四半期に15,527台のEVを販売しただけでしたが、今後の拡大のためにラインナップの電動化に向けた大規模な投資が含まれています。

フォードの第2四半期の売上高は、前年同期比50.2%増の402億ドルでした。フォードは、2023年までに60万台、2026年までに200万台のEVを生産することを目標としています。また、フォードは2026年までにEVのラインナップに500億ドル以上を投資する計画であり、野心的ではあるが、投資家がフォードの株式を検討することを納得させる可能性がある取り組みと言えそうです。

どちらの株が買いかについては、マインドル氏はテスラが一番好きだと報告しています。今後数年間、どちらの会社の株がより良いパフォーマンスを示すかは分かりませんが、テスラがオプティマスのロボット、クリーンエネルギー、自動運転など、自動車市場以外にも注力し続けていることが、投資家の間で人気がある理由の一つかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました