航続距離

TESLA News

なんとテスラを退けたのは誰も知らない自動車メーカー、ノルウェーで開催の世界最大のEV航続距離テスト

2024年1月31日、ノルウェー自動車連盟(NAF)が2年に一度開催する「エル・グランプリ」が終了しました。過去4年間はテスラが優勢でしたが、2024年の「エル・グランプリ」冬季版では、新参者が寒冷地で最も航続距離を伸ばしただけでなく、公称...
TESLA News

1万6千km走ったテスラサイバートラックオーナー、航続距離と充電速度に不満でも「運転するのが夢みたいな車」

加えて充電速度は並以下ですが、その反面、サウンドシステムは素晴らしく、サイバートラックは「運転するのが夢みたいな車」とのことです。 サイバートラック・オーナーズ・クラブ・フォーラム テスラ サイバートラックは常に、そしておそらくこれからも、...
TESLA Blog

理想的な条件と比較すると、EVは冬に航続距離の平均30%を失う…

テスラのモデルは、冬季の実際の航続距離を米国環境保護庁EPA基準の航続距離と比較した場合、最も悪い結果となりました。 気温の影響が大きいEV航続距離 電気自動車は氷点下では性能を発揮しません。気温が低いとバッテリーの化学反応に影響が出るから...
スポンサーリンク
TESLA News

テスラサイバートラック、実走行テストで航続距離が20%も下回る

オールテレイン(全地形)対応タイヤを装着したファウンデーション・シリーズのデュアルモーターサイバートラックをバッテリーが切れるまで夜通し走行した航続距離テストの結果です。 テスラ車は全般に成績が悪い これまで私たちInsideEVsやEdm...
TESLA News

テスラ、3車種の米国で航続距離を更新、およびモデルYの新色を追加

テスラは、EPA(米国環境保護庁)プロセスの変更に伴い、モデルSとモデルX、モデルYのEPA航続距離を更新しました。車両の航続距離を決定する際、メーカーはすべての加速モードと車高で車両をテストし、それらの航続距離の平均を取らなければならなく...
TESLA News

実際の調査から判明、冬季の航続距離低下が少ない電気自動車はアウディ、テスラ、日産

10,000台のEVと18種類のモデルのデータから、冬期の航続距離は平均で約30%低下することが判明しました。 平均は3割減少 冬の到来に向けて、ジャケットや雪かき用スコップなどを持ち出すと同時に、電気自動車の航続距離を管理する方法について...
TESLA News

緻密なシミュレーション、テスラ車でバッテリー残量の計算に使用される多様な要素

テスラは、電気自動車が目的地に到着した際のバッテリー残量を計算する時に考慮する様々な要素の詳細を明らかにしました。 16もの項目 11月13日の月曜日、Xのテスラ北米アカウントは、テスラの電気自動車がナビゲーションを設定する際にルートとバッ...
TESLA News

テスラモデル3のウーバー運転手、15ヶ月で12万マイル走行後にバッテリーが突然死

あるウーバー運転手は、2019年モデル3 SR+(スタンダード・レンジ・プラス)で週6日、1日に300マイル(約483km)以上を走行し、1日に2回スーパーチャージャーに立ち寄って急速充電していたとのことです。 週6日、1日300マイル以上...
TESLA News

テスラサイバートラックの航続距離は350マイル(約563km)になる可能性

これは、故障したサイバートラックを救助するためにレッカー車を待っていたエンジニアからの情報です。 航続距離が最大の謎 まもなく納車開始のテスラサイバートラックに関する未解決の最大の疑問のひとつは、その航続距離についてです。 2019年に初め...
TESLA News

テスラの弱点?米司法省が、テスラの航続距離表示などについて調査中

これは、テスラが航続可能距離で表示された数値を満たしていないことが数多く報告され、注目を集めていることを受けたものです。 司法省からの召喚状は今回が初めて テスラは、米司法省(DOJ)が最近同社に対する調査を強化していることをIRページで明...
TESLA News

テスラ新型モデル3ハイランドの性能は?時速113kmでの航続距離テストの結果

バッテリーを95%充電した状態で、シングルモーターの新型モデル3 RWDは211マイル(約340km)、デュアルモーターのモデル3 ロングレンジは250マイル(約402km)を走行しました。 2モデルの航続距離テスト 今年の9月1日に発表さ...
TESLA News

テスラの電気トレーラー テスラセミ、公道実走行テストでライバルの電気トラックに圧倒的勝利

この18日間のイベント期間中、1台のテスラセミが1日平均574マイル(約924km)を走行したのに対し、ワットEVのニコラ・トレBEVは半分以下の255マイル(約410km)でした。 テスラセミは性能と航続距離の点でリーダー 北米貨物効率化...
TESLA News

テスラは航続可能距離を誤魔化している!EV航続距離の「誇張」関連訴訟、その概要

先週ロイター通信が報じた、テスラが航続距離の評価を「誇張」しているという件を受けて、また新たに3人のテスラオーナーが2023年8月2日に起こした集団訴訟でテスラを訴えました。今回はその訴状を詳しく調査し、その内容と3人の原告が何が理由にして...
TESLA News

テスラ、航続距離に関する数千件のクレームを封じるための「極秘チーム」設置:ロイター

ロイター通信は、テスラがおよそ10年前にEVの航続距離を誇張し始めたと主張する複数の情報源を引用しています。 クレーム封じの極秘チーム テスラは昨年夏、顧客から寄せられた数千件の航続距離に関する苦情を封じ込める目的で「極秘チーム」を結成した...
TESLA News

テスラサイバートラック、航続距離350マイル(約563km)でデビュー?:噂

もし本当なら、シボレー・シルバラードEVは450マイルのバッテリーで航続距離競争の王者であり続けるでしょう。 航続距離350マイル ツイッターユーザーのBearded Teslaが、3人の関係者と極秘の会話をしたと主張している件によると、待...
TESLA News

トヨタ、将来のEV航続距離を最大化するため、生成AIを積極的に活用へ

複雑なタスクをこなす能力がますます高まっている人工知能AIですが、トヨタはAIの力を活用し、EVの航続距離を伸ばすために重要な要素である車両の空力特性を最適化しながら、自動車の設計プロセスを改善することを計画しているようです。 ジェネレーテ...
TESLA News

「痛々しいほど遅い充電」と「短い航続距離」で苦労の連続、トヨタbz4xでのドライブ

トヨタの新型電気自動車bZ4Xで、ニューヨークからワシントンDCまで往復 わずか9時間のドライブで、3時間もの充電関連の時間が必要 暖房で暖かさを保つことと航続距離を最大にすることのどちらかを選択しなければならないことを、身をもって知った ...
TESLA News

テスラのフラグシップセダン、モデルSがノルウェーでの航続距離テストで新記録を達成、一方日本メーカーのEVは…

毎年夏と冬に、ノルウェーの自動車雑誌「Motor」とカークラブ「NAF」は、現行のBEVモデルがバッテリー充電でどこまで走行できるかを実走行でチェックしています。このチェックの方法は、実際にこれ以上走れないという状況まで、クルマを走らせその...
TESLA News

電気自動車普及への道、コストと航続距離が最大のハードル:調査結果

米国のコンサルティング会社KPMGの調査結果によると、アメリカの自動車ユーザーのおよそ50%がプラグイン車への切り替えを検討していることが明らかになりました。 約半数がプラグイン車への変更意向 KPMGが実施した「コンシューマー・パルス・サ...
TESLA News

テスラ、カナダでモデルYパフォーマンスの航続距離を短縮、中国からの輸入車に切り替え?

テスラは、カナダでモデルYのラインアップに新たな変更を加え、今度は最上位モデルのパフォーマンス・バリエーションの航続距離について謎の変更をおこないました。この変更が興味深いのは、カナダでのみ行われたことで、テスラが近いうちに中国からカナダに...
スポンサーリンク