完全自動運転 FSD Beta V9のビジュアルは「ニューラルネットワークのリアルな風景」とマスク

fsd-v9-visual TESLA News
この記事は約5分で読めます。

テスラが昨年導入したFSD(Full Self-Driving)ベータ版は、今も改良を重ね、最終的にレベル5の自律性につながるオプションをユーザーに提供していくことが予想されます。直近でリリース予定のバージョン9.0では、機能の拡張に加えて、ドライバーがより安心して運転できるようにビジュアルを改善しています。

テスラはかねてより、360°のサラウンドビュー映像にニューラルネットワーク(NN)を組み込むことで、クルマが次のレベルのFSDに到達することを目指してきました。テスラのCEOであるイーロン・マスクの以前のツイートによると、同社はこの点について進展があったようで、次のバージョンのFSDベータ版V9.0では、カメラからのみ情報を得て、車両からレーダーを取り除くことで動作することができるとのことです。加えて改善点はこれだけではありません。

FSDベータV9.0では、完全な自動運転の実現に向けた大きな飛躍とともに、可視性が大幅に向上します。現時点では、クルマの周囲の物体は、平行六面体や立方体、点などの形で描かれています。そのため、ドライバーは開発者モードにいるような印象を受け、試作品というイメージの不安感を増大させることになります。もちろん、テスラはこのような形のビジュアライゼーションを放置するつもりはなく、改善に取り組んでいます。

マスク氏によると、FSDベータV9.0のビジュアルは、「ニューラルネットワークのリアルな風景」だという。@WholeMarsBlog/Twitterによると、これはより滑らかなレンダリングを意味し、これまでの無骨で不安定な表現に代わって、ドライバーはよりリアルなビジュアルを見ることができるようになるとのことです。

また、マスクは、「FSDV9.0は、物体の実際の確率分布を表示します-ニューラルネットのリアルな風景です。これはとてもクールだ!
確率分布とは、元となる母集団に基づいた理論的な分布のことです。確率分布は、確率変数が特定の離散的な値を持つか、連続的な値の指定された範囲に入るという事象に確率を割り当てます。確率分布オブジェクトでは、サンプルデータに確率分布を当てはめたり、パラメータ値を指定して分布を定義したりすることができます。
このように、新バージョンのFSDベータ版におけるビジュアライゼーションは、よりスムーズで親しみやすいものになると同時に、テスラのドライバーにとって必要のない不必要な情報が含まれないようになるということのようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

どんなビジュアルになっているのか楽しみです。

テスラ関連のその他の最新ニュースはこちら

テスラモデル3が300万以下?補助金の詳細はこちら!

環境省の補助金申請方法詳細はこちら!

オンラインでの購入方法はこちら!

実際にかかる費用の詳細はこちらも参照ください!

加えて、充電方法も解説!

実際の納車の様子はこちら!

また、納車からのファーストインプレッションを上げましたので、こちらも参考にしてください!

最新のGIGA上海製モデル3のどのあたりがアップデートされているかの詳細レポートはこちら!

大変便利なテスラアプリの詳細解説はこちら!

アクセサリーのレビューはこちら!

タイトルとURLをコピーしました