見積書大公開!テスラ モデル3購入の全費用詳細

car-4781370_1280TESLA Blog
JtederによるPixabayからの画像

突然の大幅な値下げに加えて、国からの(加えて地方自治体からの)補助金が増額されることで、非常に手の届きやすい価格帯になったテスラモデル3ですが、今回は最も安価なエントリーモデル、テスラモデル3 スタンダード・レンジ・プラスを購入するしゃ場合に、結局どんな費用がどれだけかかるのか?という皆さんの疑問に答えるべく実際の見積書を加えながら紹介いたします。

tesla_bannar
http://ts.la/seikai44555

オンラインでの購入に無料特典の追加を(私のでなくても構いませんので)お忘れなく!

購入に必要な費用

必要な費用の項目

自動車を購入する場合には、自動車本体以外にも税金や手数料、保険料などたくさんの項目があります。テスラ(モデル3)を購入する際に検討すべき費用の項目は以下のとおりです。

大項目項目概要・備考
自動車関連モデル3車両本体スタンダード・レンジ・プラス(SR+)
ロング・レンジ(LR)
パフォーマンス(PF)
メーカーオプションボディカラー
ホイール
インテリア
完全自動運転オプション(FSD)
追加オプションフロアマット・カードキー・ETC等
登録関係登録手数料車庫証明などの代行費用

税金
保険関係等

税金自動車税(非課税)
環境性能割(100%減税:非課税)
自動車重量税(100%減税:非課税)
登録印紙代
保険自賠責保険
任意保険
その他車庫証明・登録費用
リサイクル預託金・管理料
ナンバープレート(希望・任意)
充電設備本体ウォールコネクター
モバイルコネクター
CHAdeMOアダプター
工事費充電設備の設置工事費
納車納車手数料自宅近傍までの運搬費
下取り下取り車下取り、廃車等費用
駐車場駐車場確保新規に賃貸する場合の保証金・賃料等
補助金国制度環境省(80万円)またはCEV(40万円)補助金
 地方自治体地方自治体による(東京都の場合60万円)

 

絶対に(少なくとも検討は)必要な項目は上表になるかと思います。これ以外にも、せっかく新車を買うのだから、いろいろアクセサリーなどもあるかと思いますが、ひとまずこれらの項目に関して検討すればよいかと思います。

特に目立つのは、税金関係ですね。登録印紙代を除いて全て非課税、という事になっています。もちろんこれは、化石燃料を使う従来型の自動車よりも環境性能が高いからです。
欧米ではEVの比率が格段に増えてきているのですが、これも制度の後押しが有り環境性能が高い時g同社への補助金がたくさんつくことも一因でしょう。
テスラの補助金の詳細はこちらを参考にしてください。

上記で紹介している環境省の補助金は、総額で80億円しかありません。事務局費やVtoH、VtoLへの補助を考えないとしても、1万台分しかないということになります。EVだけでなくプラグインHVなども対象なので、早めに注文することをおすすめします。
ちなみに、オンラインでの注文方法はこちらを参考にしてください。

テスラ モデル3 見積書

ここからは、私が購入する際に実際に掛かった費用をご紹介します。

値下げ直後に取ったスタンダード・レンジ・プラスの見積書

これが、テスラから出てきた見積書です。希望ナンバーを除けば、最も安価な内容かと思います。

実際にかかる費用詳細

それでは次に、私がテスラモデル3スタンダード・レンジ・プラスを購入した際に、実際に掛かった費用の詳細について以下にまとめています。

項目概要・備考実際の費用
モデル3本体スタンダード・レンジ・プラス(SR+)4,290,000
ロング・レンジ(LR)
パフォーマンス(PF)
メーカーオプションボディカラー標準(ホワイト)
ホイール標準(18インチ)
インテリア標準(ブラック)
完全自動運転オプション(FSD)追加せず
追加オプションフロアマット11,611
 カードキー(予備1枚)3,055
 ETC30,000
登録手数料車庫証明などの代行費用100,000
税金自動車税非課税
環境性能割非課税
自動車重量税非課税
登録印紙代2,700
保険自賠責保険30,170
任意保険(車両保険込 7等級)83,770
その他車庫証明・登録費用3,400
リサイクル預託金・管理料19,770+290
ナンバープレート(希望ナンバー)4,150
充電設備ウォールコネクター無料
モバイルコネクター─(WC選択)
CHAdeMOアダプター─(WC選択)
充電設備工事費充電設備電気工事費(有料)150,000
納車手数料自宅近傍までの運搬費サービスセンターで納車
下取り車下取り、廃車等費用無し
駐車場確保新規に賃貸する場合の保証金・賃料等無し
補助金:国制度環境省(80万円)またはCEV(40万円)🔺80,0000
補助金:地方自治体地方自治体による(東京都は60万円)大阪なので無し
合計3,928,916

この中でウォールコネクターの工事費については、分電盤からの距離に比例して高くなる傾向があります。私の自宅の場合は、電源を引き込んだ分電盤と駐車場がちょうど対角線上にあって距離が非常に長く、工事もほおぼ丸一日かかったので、他の例よりも少し高めだと思います。

 

tesla_bannar
http://ts.la/seikai44555

オンラインでの購入に無料特典の追加を(私のでなくても構いませんので)お忘れなく!

ということで、全部コミコミで400万円を切る費用となります。東京都にお住まいの場合は、環境省の補助金に加えて60万円の補助金がプラスされるので、今回テスラモデル3の購入時にかかる費用をまとめてご紹介しました。みなさんも参考にしていただければと思います。


補助金の詳細はこちら!

補助金の申請書類の詳細はこちら!

オンラインでの購入はこちらを参照ください。

納車までの詳しい情報はこちら!

最新のGIGA上海製モデル3のどのあたりがアップデートされているかの詳細レポートはこちら!

大変便利なオンラインアプリの詳細解説はこちら!

アクセサリーのレビューはこちら!

テスラモデル3で評判の悪いETCの移設方法、DIYの詳細解説はこちら!

テスラに関するニュースはこちら!

タイトルとURLをコピーしました