最新!テスラ モデル3 2021 アクセサリー レビュー(その1)

tire-repair-kitTESLA Blog

2月の突然の大幅値下げ、そして4月の小幅値上げなど驚くことばかりですが、既にオンラインで注文されて、納車を楽しみに待っておられる方もたくさんおられるでしょう。そこで今回は、最新2021型GIGA上海製テスラモデル3用のオプションやアクセサリーなど第1弾のご紹介です。

メーカー純正アクセサリー

そもそもテスラは自動車本体をオンラインで注文しますので、通常のカーディーラーのように新車購入に伴う各種オプションやアクセサリー等の営業行為は圧倒的に少ない、というか私の経験ではこれまでほとんどなかったです。
これはテスラに独特の商流でメーカーがディーラーを兼ねている、販売会社が無いことにも起因していると思います。既存の自動車販売であれば、メーカー供給以外の各種オプションの販売でディーラーや販売会社は儲ける構造ができあがっていますが、テスラにはそれが有りません
結果として、メーカー直販のアクセサリー類は非常にリーズナブルな価格で提供されています。特に3月中旬以降は日本にはこれまで導入されていなかったオンラインショップ」がオープンしましたので、配送スピードも上がり非常に便利になりました。ここでは、実際に購入したものを中心にレビューしたいと思います。

フロアマット

フロアマット ¥11,600

メーカーアクセサリーで購入したのは、この純正フロアマットと、予備のカードキー1枚、そしてあとでご紹介するタイヤパンク修理キットの3つだけです。
トヨタ純正アクセサリーでカローラの標準タイプですら2万円超で、ドイツ御三家であれば10万弱とかしますが、テスラは11,600円と価格設定が非常に良心的です。
というか、モノに対する価格を適正利益で販売するとこの値段、という感じでしょうか。既存自動車メーカーも見習ってほしいものです。

こんなBOXに入って結構早く届きます
マットとしては「薄め」です
後部座席に敷き込んだところ。

テスラのオンラインショップは、Amazon並みとまで言いませんが、注文すると結構早く届きます。
このフロアマットですが、純正ゆえサイズ感もぴったりですし、色もあっているのですが高級感があるかと言われると「値段なり」という感じです。
また、あの新車特有のニオイを発しますし、写真を見てよれているのでおわかりのようにちょっと「薄い」です。

社外品としては、上記のような防水仕様や高級品もありますが、値段も高いですし、純正品で機能的には十分かと思います。きっちり確認したわけでは無いですが、フロアマットは見た感じだけでは2019年型も2021年型も同じように見えます。

タイヤリペアキット

開梱時の様子

2020年までにテスラモデル3を購入すると標準で付いてきていたというタイヤリペアキットです。
エアーコンプレッサーとパンク修理キットがセットになったもので、ロゴ入りの専用ケースに入っています。
オンラインで¥9,100とフロアマットもそうですが、リーズナブルな価格設定です。

布製のTESLAロゴ入りケースに入っています
やたらめったら注意書き

TESLAロゴ入りの専用ケースに入っていますが、パンク修理剤の方が毒性があるのかやたらに注意書きが多いです。質感が高いかというとそうでもなく、これもフロアマットと同じく「値段なり」です。

上部のフタを開けたところ
左がコンプレッサー、右がパンク修理キット

テスラの12Vの電力で動くエアーコンプレッサーと、パンク修理剤(タイヤ修理シーラント)が非常にコンパクトに収まっています。このパンク修理剤(タイヤ修理シーラント)は1回使い切りですので、別途単体でオンラインショップで販売(¥2,800)しています。

天面:スイッチ・ゲージ・修理か空気入れかの選択トグル
裏面:12Vシガーソケット用プラグ

基本的な機能は以下の2つです。

  • 適正な空気圧に保つための空気入れ(エアーコンプレッサー)
  • タイヤがパンクした際にタイヤ修理シーラントをタイヤに吹き込んで修理 

タイヤに空気を入れる場合には、シガーソケットにつないで電源をONにし、適正な空気圧になるまで空気を入れて、入れすぎたときは電源ボタンの下のボタンで空気を抜いて調節します。

一方、パンク修理する際は、真ん中あたりのツマミ(トグル)をパンク修理の方に合わせて、タイヤ修理シーラント側のチューブをパンクしたタイヤにつないで、電源をONにするようです。上部に80km/h(50mph)のシールがありますが、パンク修理後はこのシールを車体に張って周囲に知らせるためのようです。
ですので、テスラ専用というよりどんな自動車でも使えるものになっています。
いずれにせよこのキットを使わないといけないようなことにはならないようにしたいものです。

サードパーティアクセサリー

実は、今回のテスラモデル3が大幅に値下げされた最も大きな要因は、バッテリーをリン酸鉄型リチウムイオンバッテリーにしたことですが、これが実現したのは、製造拠点を米カリフォルニア州フリーモントから、中国のGIGA上海ファクトリーに変えたことです。
世界最大の車載バッテリーメーカーのCATLから供給を受けて、GIGA上海ファクトリーで製造され始めたのが2020年はじめに中国市場に導入されました。つまり、モデル3は先に中国市場に導入されていますので、サードパーティ(非純正)アクセサリーは、中国でたくさん見つけることができます

中国の通販といえば、なんと言ってもAliexpressです。最近は、コロナ禍による航空便の減少影響で、納期が非常にかかるようになっていますが、価格が圧倒的に安価で、Amazonとか楽天に売っている「怪しい」商品はほぼAliexpressにあります。(というかAliexpressで仕入れてAmazon、楽天で転売しているのが多い)

使ったことが無い、という方はまず下の注意を読んでから(自己責任で)購入してください。

Aliexpressでの買い物

Aliexpressは楽天方式

Aliexpressはアリババという中国の企業が運営しています。ちなみに、今アリババの時価訴額は約600Bドル(BはBillionでMillionの1000倍、つまり10億ということ)なので、1ドル100円としても日本円で
  600☓100☓1,000,000,000円
つまり60兆円!っていう超巨大企業に短期間で成長しました。ちなみに、日本最大の企業トヨタ自動車の時価総額は23兆円ですので、いかに巨大かがおわかりいただけるでしょう。ちなみにテスラの時価総額は$650Bでアリババより少し大きいくらいです。

Aliexpressでの購入方法

簡単に言いますとクレジットカードと送付先の住所さえあれば、アカウント登録をして欲しい物を検索して買い物をするだけです。グーグルで「Aliexpress 使い方」などと検索していただければ、たくさんヒットするかと思います。下のバナーから登録してもらえれば、全ての商品に使えるクーポンがもらえますので、ぜひお使いください。

この超巨大企業アリババが運営しているECサイトがAliexpressです。つまり、中国版Amazon なのですが、仕組みは日本の楽天市場に近くモール型と呼ばれるEコマースで売りたい企業から個人までが多数集まったサイトになっています。そういう意味で、玉石混交なのでそのあたりを十分理解して使うと良い買い物ができます。

言語は英語で

英語が苦手な人は、翻訳サイトなどを駆使してもらえればと思いますが、何をするにも英語でのほうがスムーズです。難しいという方は自動翻訳もされますが、その場合でも一度英語に翻訳したものを入れるほうが、良いかと思います。
Amazonでは考えられませんが、Aliexpressでは売り手と買い手のチャットをメインとしたやり取りが結構多いです。もちろんクレームもですが。

スピードは求めない

原則的には中国から発送されるので、アマゾンプライムの時間軸(前の日の夕方に注文しても場合によっては次の日に到着)に慣れていると、イラつく部分なのですが、特にここ最近は新型コロナの影響で飛行機が大幅に減便されているため、3週間から1ヶ月はかかるものと覚悟する必要があります。
そのかわり、この下でご紹介するものもそうなのですが大概のものは送料込みで激安です。

日本とは商習慣が違うことを理解して使う

先程もお伝えしましたが、売り手と買い手のコミュニケーションが頻繁に発生します。例えば、間違えて発注したら訂正するとか(お互いに)、逆にお得なこんなものものあるとかの紹介から、注文した商品が届かない、違うものが届いたなどのクレームまで幅広です。
この売り手と買い手のコミュニケーションが苦手な方は、不安で苦痛なので使わないほうが良いと思います。例えば、何かを1個注文したら、その直後に2個買ってもらったら合わせて1.9倍の価格でいいよ!とかです。
これを楽しいと思えない方(注文したらそれがきっちり時間通りに届くことが当たり前と考えておられる方)は使うのをやめておきましょう。

中国メーカー以外のブランド物は買わない

皆さんご存知のように、中国では知的財産保護への意識が希薄です。何がいいたいかというと、日本で聞くようなブランドのものはだいたいイミテーション(偽物)です。逆に中国メーカーのものは(さすがに当たり前ですが)本物です。偽物を売ると捕まるので。

フォロワーが多い、レビューが良い、オフィシャルの売り手から買う

これを徹底しないと、変なものを掴むことにもなりかねません。Aliexpressには超巨大企業から個人まで誰でも出品でき、よく見ないとその違いもわからないことが多いですし、同じ商品が複数の売り手から出品されていますので売り手のチョイスには十分気をつけてください

アクセル・ブレーキペダル

他にも色々購入しているのですが、納期がかかるのでまだ到着していません。とりあえず、今回は3つご紹介して、それ以外は随時到着し次第レビューさせていただきます。

左側がペダルで右側がドアのラッチ受け金物カバー

値段比較

まず、左側のアクセル・ブレーキペダルからご紹介します。完全に同じ商品では無いですが、似たような商品がAliexpress、楽天、Amazonにも有りましたので、並べてみるとその価格の安さに気がつくと思います。

Aliexpressで送料込み1,780 円

楽天で送料込み3,970円

Amazonで送料込み3,990円

Aliexpressは、中国からの送料込みにもかかわらず半額以下になっていますね。このやたらと送料が安いのもAliexpressの特徴です。

取り付け

ブレーキカバーを外したところ
取り付けた様子

これは、最初難航するかとも思ったのですが、簡単に取り付けできますブレーキペダルの方は付いているプレートを外して取り付け、アクセルペダルの方はそのままアクセルペダルに取り付けます。内側がゴム製で、溝にはめ込む感じで取り付けるのですが、取り付け用の「ベロ」のようなものが付いていますので、簡単に取り付けることができました。
これだけでも、少し「高級感」が出てますね。

ドアラッチ受けカバー

取り付け前のむき出しドアラッチ受け
カバー装着後

この商品は、4枚あるドアのラッチを受ける金物が非常に素朴な作りで金物むき出しなので、それにカバーする装飾品です。裏面に3Mの両面テープがあらかじめついていますので、取り付けは非常に簡単です。
このシートカバー

最後にご紹介するのが、シートカバーです。ペットがいるので、本当は後部座席のカバーを探していたのですが、とりあえず買ってみました。1組2,000円弱、2組で4,000円弱でした。

写真ではよくわかりませんが、質感は比較的良いように思います。取り付けも結構簡単で5分もかからないと思います。
座席の角度で、結構フィット感が変わる感じがしますが、時間が経てば馴染んでくるかと思います。また、これが汚れてきたら、他の色(赤とかベージュとか)を購入しようと考えています。

最後に

まだ納車されていない方で、納車をお待ちの方は在庫車でないかぎり、次の船便ですから6月ごろになると思います。つまり、納期がかかるAliexpressでも、タイミング的にはぴったりだと思いますので、Aliexpressのアプリをダウンロードして、色々探してみてください。非常に沢山の商品があるので、探しているだけでも楽しいですよ。

その際は、以下のリンクからですと無料のクーポンが貰えますのでぜひお試しください。

また、これからテスラモデル3をご注文予定の皆様には、下のバナーからオンライン注文いただくと、スーパーチャージャー1,500km無料特典がもらえますので、こちらもぜひご利用ください。

tesla_bannar
http://ts.la/seikai44555

オンラインでの購入に無料特典の追加を(私のでなくても構いませんので)お忘れなく!

最後までお読みいただきありがとうございました。アクセサリーのレビューはまた随時アップしていきますので、よろしくお願いいたします。

テスラモデル3が300万以下?補助金の詳細はこちら!

補助金の申請書類の詳細はこちら!

オンラインでの購入方法はこちら!

実際にかかる費用の詳細はこちらも参照ください!

加えて、充電方法も解説!

実際の納車の様子はこちら!

また、納車からのファーストインプレッションを上げましたので、こちらも参考にしてください!

最新のGIGA上海製モデル3のどのあたりがアップデートされているかの詳細レポートはこちら!

大変便利なテスラアプリの詳細解説はこちら!

テスラモデル3で評判の悪いETCの移設方法、DIYの詳細解説はこちら!

タイトルとURLをコピーしました