バッテリー

TESLA News

日産幹部:EVバッテリーは予想以上に長持ちする

ソーシャルメディアを使っていると、EVのバッテリーは数年で消耗してクルマの価値がなくなる、リサイクルできない、有害な化学物質でいっぱいだ、などと主張する「記事」が後を絶たないのが現状です。 日産の英国マーケティングディレクター、ニッ...
TESLA Blog

ギガ上海製テスラモデル3、1年半後のバッテリー劣化状況は?レポート

今やそうした状況は想像できない事態になっていますが、一時期日本国内のテスラモデル3の価格が大幅値下げされた時期がありました。その値下げの要因として最も寄与したといわれていたのが上海製テスラ車に搭載されたリチウムイオンバッテリーです。 ...
TESLA News

世界最大のバッテリーメーカーCATL社、ハンガリーに100GWhバッテリー工場建設

この工場で生産されるリチウムイオンバッテリーは、欧州の電気自動車メーカーで使用される予定です。 中国CATL社(Contemporary Amperex Technology Co., Limited)は本日、欧州における大規模な新...
スポンサーリンク
TESLA News

BYD幹部、テスラにEV用バッテリーを「ごく近いうちに供給する」

中国のEVメーカーであるBYDは、ごく近い将来、テスラ社に電気自動車(EV)用バッテリーの納入を開始する予定のようです。 この提携のニュースは、BYDのリャン・ユボ副社長が2022年6月2日、中国の国営放送局CGTNのインタビューで...
TESLA News

EV需要が高まる中、原料から人材までバッテリーは持続可能性が危ぶまれてる

電気自動車の需要がどんどん高まっていく中、テスラは半導体やバッテリー材料など、さまざまなサプライチェーン問題に直面しています。しかし、テスラが抱える需要の問題の中で、あまり語られていないのが、バッテリーの生産に必要な、電気自動車のバッテリ...
TESLA News

中国のリチウムがテスラや他の電気自動車メーカーに与える影響

テスラをはじめとする電気自動車メーカーは、電気自動車の命となるバッテリー材料に関して、数種類の鉱物に大きく依存しています。そのうちの1つであるリチウムの採掘、精製、加工は主に中国が行っていますが、リチウムの鉱床は世界中で見つけることができ...
TESLA News

テスラ、100年使える高エネルギー密度の新型バッテリーに関する論文を発表

カナダのダルハウジー大学と提携したテスラ先進バッテリー研究グループは、充電とエネルギー密度についてLFPセルと比較しながら、100年使える新しいニッケルベースのバッテリーに関する新しい論文を発表しました。 2016年に、テスラはカナ...
TESLA News

テスラ株の投資家はEVバッテリーの価格を注視する必要はあるのか?

電気自動車用バッテリーの生産に非常に重要となる鉱物のコストが上昇する中、テスラ株の投資家の中には、心配するこのことを必要があるのかと考えている人もいるようです。一部の投資家は、今後の供給不足で電気自動車のバッテリーが高騰し、購入者が内燃機...
TESLA News

テスラ、パナソニックに4680バッテリー開発のスピードアップを要請

パナソニックは、テスラの次世代バッテリーセルである4680セルの開発を急がなければならないというプレッシャーを感じているようです。 同社の梅田博和最高財務責任者(CFO)は2日、テスラが新バッテリーセルの迅速な開発を求めている一方で...
TESLA News

テスラ、ギガファクトリー全拠点でバッテリーリサイクルを目指す

テスラは、2021年インパクトレポートによると、すべてのギガファクトリーの拠点でバッテリーをリサイクルすることを目指しています。 テスラは2021年インパクトレポートの中で、「私たちは、各拠点に合わせたリサイクルソリュー...
TESLA News

バッテリーコスト高騰でも電気自動車販売台数は増加

最近、知り合いから電気自動車について聞かれることが多くなりました。もちろん、私たちのアドバイスは、「すぐにでも買いなさい」というものです。しかし、多くの人が「欲しい電気自動車がない」「値段を見て、やっぱりガソリンを使うことにした」と言うの...
TESLA News

LFP(リン酸鉄型)バッテリーが台頭、ニッケルの終焉は近いのか?

LFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーは、コバルトやニッケルを使った電池のようなエネルギー密度ではありませんが、製造に必要な原材料が豊富で安価であり、世界中のほとんどの国で手に入るという明確な利点があります。 その結果、価格も安くなる...
TESLA News

テスラの共同創業者で元CTOのJ.B.ストラウベル氏、EVバッテリーは15年程度持つべき

テスラの最高技術責任者を長年務めたJ.B.ストラウベル氏が、電気自動車のバッテリーは15年程度持つべきだと考えていることを明らかにしました。これは、ストラウベル氏の新しいビジネスにとって非常に重要なことです。 電気自動車に関して最も...
TESLA News

テスラモデル3のバッテリーが10万マイル走行でどの程度劣化したのか?

約束通り、モデル3パフォーマンスのバッテリーが10万マイル(約16万km)走行後にどの程度劣化しているかをご紹介します。航続距離はどれくらいになるのでしょうか? 以前お伝えしたように、カイル・コナー氏は10万マイル以上走行したテスラ...
TESLA News

テスラの新型4680バッテリーセルは「強烈なインパクト」で、EVのコストを押し下げるとパナソニックが発表

テスラの新型バッテリーセル4680は、電気自動車のコストダウンと普及に貢献し、「かなりのインパクトがある」と、パナソニックのエネルギー部門最高責任者である忠信和夫氏は言っています。この新しいバッテリーの開発には「膨大な量のスタミナが必要」...
TESLA News

テスラ モデルS Plaidのバッテリーパックはエンジニアリングの傑作

ムンロ&アソシエイツのサンディ・ムンロ氏は、テスラモデルS Plaidの分解を続けており、今回はバッテリーパック、オンボード充電器、DC-DCコンバータを分析しました。この自動車専門家は、テスラのアーキテクチャと先見性に驚き、バッテリーパ...
TESLA News

テスラモデル3、4年16万km走行後のバッテリー劣化はわずか2.2%

電気自動車のバッテリーパックの寿命は、これまで常に非常に厄介な問題で、かつ購入希望者の強い関心事した。 テスラのような電気自動車製造販売企業は、自社のバッテリーパックは何年も持つように設計されていると宣伝する一方で、電気自動車懐疑論...
TESLA News

テスラ・メガパック、英国最大のバッテリープロジェクト開始!

アブドゥル・ラティフ・ジャミール・エナジー社の再生可能エネルギー事業であるフォトワティオ・リニューアブル・ベンチャーズ(FRV)と英国のデベロッパーであるハーモニー・エナジー社は、英国最大のバッテリープロジェクトを立ち上げることを発表しま...
TESLA News

テスラ、早くも北米でLFP型モデル3の納車受付開始!

つい先日、北米でのモデル3へのLFP(リン酸鉄型)リチウムイオンバッテリー搭載の計画が噂されたところですが、なんとこの9月に在庫車の形で納車が始まるようです。今回はその詳細をお伝えします。 北米でLFPバッテリーのモデル3SR+を導...
TESLA News

4680型リチウムイオンバッテリーセル開発完了?

最近、パナソニックがテスラ株を全て売却しというニュースのあとに、テスラと世界最大のバッテリーメーカーであるCATLが2025年までのリチウムイオンバッテリーに関する長期契約を結んだというニュースがありました。また直近では、サムスンとLGエ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました