テスラモデル3のイエローキャブがNYで導入!

Telsa-model-3-yellow-taxi TESLA News
(Credit: Savas Tsitiridis/Linkedin)
この記事は約6分で読めます。

ニューヨーク市のタクシー・リムジン委員会(TLC)は、市内のイエローキャブ業界に電気自動車をより多く導入するためのパイロットプログラムを承認しました。
TLCは、同委員会の規則が「電気自動車(Battery Electric Vehicle : BEV)をイエローキャブ(タクシー)として使用することを明示的に許可していない」と指摘し、あらたにパイロットプログラムを承認しました。この中で同委員会は、電気自動車の「あるモデル」がイエローキャブ・タクシーとして使用する許可を得ていることを認めました。

TLCは、電気自動車パイロットプログラムを承認する決議の中で、「ニューヨーク市内でBEVと充電スタンドの数が増えていることから、TLCは、ニューヨーク市内でBEVをタクシーとして使用する機会を増やすべきだと考えています」と述べています。

TCLが承認した最初の一つ目の電気自動車はテスラモデル3でしたが、これが通勤者の間でかなりの人気を博していることがわかりました。

「タクシーの列に並んでいると、順番に来たタクシーに乗るのではなく、その車を離れて後ろに並んでいる私の車(モデル3)にやってくるんです」と、タクシードライバー歴20年の運転手トーマスが言っています。
また、ニューヨークのイエローキャブにテスラ車を追加することで、UberやLyftなどのライドシェアサービスではなく、タクシーに引き戻されるようになるのではないかと推測されています。

ニューヨークのタクシー・リムジン委員会(TLC)も、トーマスの考え方に共感しているようです。TLCのBEVパイロットプログラムは、他のより多くの電気自動車にも開かれています。事故予防措置として、TLCは、特に普段からBEVを運転していないドライバーに対して、加速に関する潜在的な安全性の懸念に対処するため、いくつかの規制を設定しました。以下は、TLCの決議からの抜粋です。

「TLCは、BEVにメダリオンを搭載することを希望するメダリオン所有者(「パイロット参加者」または「参加者」)に対し、以下の条件でイエロー・タクシーとして使用するためのBEVの認証を申請することを許可する。」

  • メダリオン所有者が認証のために提出したBEVは、TLC規則の67-05.1に記載されているタクシーとして車両を利用するための要件を(67-05.1(f)に記載されている要件を除いて)すべて満たしていること
  • BEVの0-60 mph加速が4.4秒を超えていないこと、および参加者は、BEVをタクシーとして運転するすべてのTLCライセンスドライバーが、BEVを運転するためのトレーニングを受け、BEVをタクシーとして運転する前に、BEVを安全に運転する能力を参加者に示すことを証明すること

ユナイテッドタクシーマネジメント社の社長であるSavas Tsitiridis氏は、電気自動車が「未来への道」であると認識しており、EVタクシーの保有台数を増やすことを計画しています。この記事を書いている時点では、ユナイテッドタクシーマネジメント社にはテスラモデル3のタクシーが数台あります。この社長は、テスラを使用した経験から、EVはメンテナンスが少なく、安全性が高いと指摘しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

「BEVの0-60 mph加速が4.4秒を超えていないこと」という規制が面白いですね。つまりモデル3パフォーマンスはだめっていうことですね。

テスラ関連の最新ニュースを随時アップしていますのでこちらを参照ください。

テスラモデル3が300万以下?補助金の詳細はこちら!

補助金の申請方法、必要書類はこちら!

オンラインでの購入方法はこちら!

実際にかかる費用の詳細はこちらも参照ください!

加えて、充電方法も解説!

実際の納車の様子はこちら!

また、納車からのファーストインプレッションを上げましたので、こちらも参考にしてください!

最新のGIGA上海製モデル3のどのあたりがアップデートされているかの詳細レポートはこちら!

大変便利なテスラアプリの詳細解説はこちら!

アクセサリーのレビューはこちら!

テスラモデル3で評判の悪いETCの移設方法、DIYの詳細解説はこちら!

タイトルとURLをコピーしました