テスラモデル3 SR+ ステアリングヒーター 一部地域で間もなく有料OTAアップデート開始!

tesla-steering-heaterTESLA News

テスラは、欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域において、ステアリングホイールにヒーターを搭載したモデル3の出荷を開始しました。メールによると、この機能は新しいアップデートをインストールすると有料で利用できるようになります。

昨年リフレッシュされた2021年型のテスラモデル3は、いくつかの大幅な機能アップデート、改善を実施しました。待望のアップデートのひとつが、ステアリングヒーターの装備です。
2021年1月初旬、中国の複数のテスラオーナーから、この機能がすでに利用できるようになったとの報告があった一方で、米国の居住者は、App Storeでステアリングホイールのヒーターを有効にするオプションが確認できたが、その時点では機能しませんでした
また、ヨーロッパの一部のオーナーからは、ステアリング・ホイールのヒーターを有効にするための音声コマンドが車内に現れたとの報告がありましたが、こちらも機能しませんでした

現在、欧州のテスラモデル3スタンダードレンジ・プラスのオーナーは、同社からステアリングホイールのヒーターについての詳細が記載されたメールを受け取ったと言い、Drive Tesla Canadaもそのコピーを受け取っています。テスラは、この車種のオーナーがステアリングホイールのヒーターをオンにできるようにする有料ソフトウェアアップデートを近日中に導入するとしています。

このメールによると、2021年3月31日以降にフリーモントで、2021年1月1日以降にギガ上海で製造され、適切な装備を備えたモデル3スタンダードレンジプラスは、今後数週間のうちに予定されている有償ソフトウェア・アップデートによって、この機能を有効にすることができます。ただし、これらの日付以降に生産された車の中には、まだ適切な装備が備わっていないものもあることを念頭に置く必要があると、テスラは警告しています。

同社のウェブサイトによると、モデル3ロングレンジとパフォーマンスには、ヒーター付きステアリングホイールが標準装備されています。ただし、この機能を利用するには、すべての車両で新しいソフトウェア・バージョン2020.48以降が必要となるとのことです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

私のテスラモデル3スタンダードレンジプラスは3月20日の納車で、GIGA上海製ではあるのですが、2021年1月1日以降に製造されたかどうかは、微妙なところですが、イーロン・マスクのツイートによると、次月にFSDを含むOTAアップデートがあるようなので、楽しみに待ってます。

テスラモデル3が300万以下?補助金の詳細はこちら!

オンラインでの購入方法はこちら!

実際にかかる費用の詳細はこちらも参照ください!

加えて、充電方法も解説!

実際の納車の様子はこちら!

また、納車からのファーストインプレッションを上げましたので、こちらも参考にしてください!

最新のGIGA上海製モデル3のどのあたりがアップデートされているかの詳細レポートはこちら!

大変便利なテスラアプリの詳細解説はこちら!

アクセサリーのレビューはこちら!

タイトルとURLをコピーしました