テスラ モデルY 22-23年にあらゆる車の中で最も売れている車に?

tesla-model-yTESLA News

テスラモデルYは非常に成功した自動車であり、CEOのイーロン・マスクによると、2022年または2023年にはあらゆる種類の車の中で最も売れている車になると予想されています。この電気式SUVは、既に販売されている市場で他車を席巻しており、今年後半には新たな市場にも参入する予定で、その人気はさらに高まると考えられます。

既に北米と中国市場だけでEVのトップ5

テスラモデルYは市場に投入されるやいなや、販売初年度にして世界で最も売れているEVのトップ5に入りました。この成功は、このモデルのさらなる爆発的な人気の高まりを示唆し、それは2021年第1四半期の販売台数によって確認されました。しかし、現時点では、モデルYの販売は、間もなくフル稼働となる北米市場と、今年1月に生産・販売を開始したばかりの中国市場に限られています

テスラのCEOであるイーロン・マスクは、この初期段階での人気を受けて、今後1~2年の間にモデル Yがあらゆる種類の車の中で最も売れている車になるという自信を、第1四半期決算発表の場で語りました。

その後、以下のようにツイッターで、少なくとも2022年の売上高と、おそらく2023年の総販売台数から見て、このようなシナリオはかなり確率が高いと説明しています。注目すべきは、マスク氏のこの発言が完全に立証されていることです。これまでの重要かつ実証済みの成功に加え、モデルYの今後の展開についても、多くの情報を得ることができます。

GIGAテキサス、GIGA上海工場は今年稼働

GIGAベルリン工場 21年夏には稼働の予定

テスラは恒常的な生産の最適化を続けており、特にモデルYで大きな成功を収めています。同社のCFOであるZachary Kirkhorn氏は、時間の経過とともにModel 3とModel Yは大きく進化したと述べています。生産ラインが改善されたことに加え、より良い製品を生産するようになっのです。実際に、テスラは車体重量を60%も削減し、それが部品のコストや最終製品の生産にかかる時間に反映されています。

もう1つの非常に重要な要素は、モデルYの生産が間もなくさらに急速に拡大し始めることです。米カリフォルニア州フリーモント工場はほぼ目標生産量に達しており、GIGA上海工場は今後3ヵ月で計画生産量に達するよう増強を続けています。残りの2つの新工場(GIGAテキサス、GIGAベルリン)も、可能な限り迅速に建設を進めています。

野心的な目標を掲げたテスラは、今年稼働するGIGAテキサスとGIGAベルリンの建設を見事に進めてきました。マスクは、これらの拠点で今年後半にモデルYの生産を開始し、2022年には大量生産を行う予定だと述べています。これらの開発により、最終的にテスラは、2022年または2023年にあらゆる種類の車の中で最も売れている車になるために必要な数のモデル Yを生産することができます

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

この記事によると電気自動車販売の世界最先端市場であり、テスラのフリーモント工場のある米カリフォルニア州で、モデルYの方がモデル3より多く売れているのです。「この期間中、テスラはカリフォルニア州で8,060台のモデル3を登録し、12,227台のモデルYを登録」しています。

日本市場にはちょっと大きすぎる(全長4,751×全幅1,921×全高1,624)のですが‥‥‥。

テスラ関連のその他の最新ニュースはこちら

テスラモデル3が300万以下?補助金の詳細はこちら!

オンラインでの購入方法はこちら!

実際にかかる費用の詳細はこちらも参照ください!

加えて、充電方法も解説!

実際の納車の様子はこちら!

また、納車からのファーストインプレッションを上げましたので、こちらも参考にしてください!

最新のGIGA上海製モデル3のどのあたりがアップデートされているかの詳細レポートはこちら!

大変便利なテスラアプリの詳細解説はこちら!

アクセサリーのレビューはこちら!

タイトルとURLをコピーしました