テスラ、車内用モーションセンサーの搭載承認を取得

tesla-inside-sensorTESLA News
https://www.tesmanian.com/

テスラは、米連邦通信委員会(FCC)から、57~64GHzの周波数帯のレーダーセンサーを自社の車両に使用する許可を得ました。この許可により、より強力なセンサーを搭載して、不審な行動があった場合に、車内の乗員の状態や車内環境を監視することが可能になります。

2020年7月末、テスラはFCCに、暑い車内への子どもの置き去りを防止したり、盗難防止システムを強化したりするのに役立つ、近距離のインタラクティブなモーションセンシングデバイスの販売承認を求めました。テスラのすべての車には、ペットのために車内のエアコンやヒーターをつけたままにできる「ドッグモード」が搭載されています。この便利な機能は、無責任な親が子どもを車内に置き去りにすることを誘発する可能性があり、許されないことです。そこでテスラは、既存の規則で認められているよりも高い出力レベルで動作する、その時点では無免許のミリ波センサーを使用する許可を得たいと考えました。

2021年4月14日、カリフォルニア州のメーカーと他の数社からのこの要請が認められました。この許可により、57〜64GHzの周波数帯のレーダーセンサーを自動車に搭載できるようになり、さまざまな面で利用できることになります。

車内の様子を把握するセンサー

Source: Tesla

テスラの説明によると、このデバイスは、「レーダーフロントエンドユニットによって駆動される4つの送信アンテナと3つの受信アンテナを使用し、車載レーダーは、周波数チャープまたはステップチャープの繰り返しによって構成される捕捉シーケンス、リスニング、そして信号処理のための連続したフレームで構成される」とのことです。

その結果、このレーダーベースのシステムでは、「奥行き知覚を提供し、チャイルドシートの子供を覆う毛布のような柔らかい素材を見通すことができる」とのことです。

このシステムは、「子供とシート上に残された物体を区別し、誤報の可能性を低減する」ことができ、「カメラやシート内センサーだけでは捉えられない、呼吸パターンや心拍数などの微動を検出することができる」とされています。また、このセンサーは身体のサイズを推定し、衝突時に大人と子供のどちらが座っているかによってエアバッグの展開を最適化することができるようになります。これにより、シートベルト着用を促すアラームを作動させるタイミングをより正確に判断することも可能になります。

今後、自律走行車の開発が盛んに行われるようになると、これらのセンサーを使って、車内のすべての乗員を監視し、全員がシートベルトを締めているかどうかを把握し、必要に応じてエアバッグを適切に展開することができるようになります。道路・自動車安全擁護団体(Advocates for Highway and Auto Safety)は、「将来、自律走行車が道路に導入される際には、すべての乗員を検知して分類する車両の能力が重要になると思われる。なぜならば、自律走行車は動き始める前に、乗員の数と、乗員が適切に保護されているかどうかを知る必要があるからだ」と述べています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

ここ最近、テスラに関する事故とその原因についてのニュースがひっきりなしですが、前回のエントリーのEDRに加えて、この車内センサーの追加も今後のアップデートに期待ですね。

テスラ関連のその他の最新ニュースはこちら

テスラモデル3が300万以下?補助金の詳細はこちら!

オンラインでの購入方法はこちら!

実際にかかる費用の詳細はこちらも参照ください!

加えて、充電方法も解説!

実際の納車の様子はこちら!

また、納車からのファーストインプレッションを上げましたので、こちらも参考にしてください!

最新のGIGA上海製モデル3のどのあたりがアップデートされているかの詳細レポートはこちら!

大変便利なテスラアプリの詳細解説はこちら!

アクセサリーのレビューはこちら!

タイトルとURLをコピーしました