テスラの2023年に期待される主な物事

0x0-Cybertruck_14 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラはすでに2023年に準備は万端です。2022年第4四半期の納車台数を抜きにしても、2023年はさらに2022年の50%増の成長を目指しています。以下は、テスラの2023年の最大の目標のほんの一部です。

テスラサイバートラック生産開始

テスラはギガファクトリー・テキサスでサイバートラックの初期生産を開始することを目指しており、年内に複数台のサイバートラックを納車するかもしれません。今年はサイバートラックの生産に集中し、最初の納車は下半期からとなりそうです。

cybertruck-megacasting
ギガテキサスで発見されたサイバートラックのメガキャスティング部品と思しきプロトタイプ
Credit: Kim Java/Twitter

サイバートラックの車体は、新年を迎えるまでの数週間、テスラのテキサス本社で目撃されました。12月上旬には、ギガ・テキサスでサイバートラックのリアメガキャストが目撃され、同月末には、サイバートラックの組み立てライン用の機材もテキサス本社に現れ始めているという状況です。

テスラは、より小型の2ドアサイバートラックのコンセプトも手掛けているかもしれませんが、しかし、当面のところは数年前に発表したサイバートラックに焦点を当てることになると考えられます。

テスラモデル3の刷新

テスラのリストで最初に挙げられるのは、「プロジェクト・ハイランド」として知られるモデル3の刷新です。モデル3の刷新では、全電気セダンのインテリア、インフォテインメント・システム、その他の重要な機能にアップデートが導入されると予想されます。

プロジェクト・ハイランドに詳しい人々は、テスラがモデル3のコンポーネント(部品点数)を減らすことに成功したと指摘しています。改良されたモデル3は、より良いディスプレイも手に入れるでしょう。2022年第3四半期の決算説明会で、イーロン・マスク氏は、次世代テスラ車が同社の小型プラットフォームを活用する可能性があると指摘していました。

「現時点までは、サイバートラックとセミのためのエンジニアリングを行ってきました。したがって、それは明らかに我々が取り組んでいることに反しています。はっきり言って、もっと小さくなります。」と語っっています。

新ギガファクトリーなどのプロジェクトについて

テスラはギガ・テキサス、ギガ・ベルリン、そしてメガファクトリーでの生産を現在も増強しています。フリーモント工場、ギガネバダ、ギガ上海など、その他の工場も引き続き改善と成長を続けていくと思われます。

テスラは、次のギガファクトリーの建設地も近々発表する見込みです。最有力候補は、メキシコ、カナダ、インドネシア、韓国のようです。

モデル3、そしておそらく同社の小型車への取り組み、サイバートラックの生産開始のほかに、テスラはセミの生産も強化しているので、テスラのギガファクトリーは、年間を通じて多忙を極めることになりそうです。

テスラ中国のビッグボスはより大きな役割へ

イーロン・マスク氏は、テスラ中国のボスであるトム・朱氏に、テスラにとって大きな転換点となる、より大きな責任を与える可能性もあります。朱氏は、以前の報道通り、テスラの新しいグローバル・オペレーション・マネージャーとして、より大きな役割を担うと予想されています。

テスラは朱氏の新たな役割を公式に認めていませんが、彼はすでにテスラ中国の主な法務担当者を退任しており、ウェイボーで別れを惜しむ声も上がっています。

朱氏と中国からのエンジニアチームは、直近ではフリーモント工場とギガ・テキサスで過ごし、彼らはサイバートラックの生産準備に密接に取り組んできたとされています。

テスラには、次世代型ロードスターやヒト型ロボット「オプティマス」など、まだ開発中の製品がたくさんあります。さらにテスラは、EVコミュニティの一部から「モデル2」と呼ばれる2万5000ドルの車をまだ正式に発表していない。そして、完全自動運転とオートパイロットのアップデート、4680バッテリーセルの生産があります。2023年も、テスラはさらに継続的にイベントを増やして、そのスケジュールをぎっしりと埋めていくことでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました