車の所有に革命をもたらすテスラのロボタクシー

Tesla-bus-boring-company トピックス
Credit:The Boring Company
スポンサーリンク

テスラのロボタクシーのコンセプトはかなり前から聞いていましたが、いよいよ実現に近づいてきたようです。

マスタープラン・パート2

テスラのロボタクシーの歴史は、2016年に発表されたイーロン・マスクCEOの「マスタープラン・パート2」から始まります。

当時は、通常のテスラにフルセルフドライビング(FSD:完全自動運転)機能を搭載したコンセプトが謳われていました。

テスラが完全自動運転を実現したら、テスラ所有の車両と、使用しないときは貸し出される顧客の車両の両方を活用したタクシーサービス「テスラ・ネットワーク」を構築するという新しいサービスでした。

ところが2022年4月、テキサス州オースティンにあるテスラの新工場ギガファクトリー・テキサスのオープニングイベント「サイバーロデオ」で、マスク氏は「かなり未来的な外観の」ロボットタクシー専用車を開発中であることを発表し、話題を呼んだのです。

cyber-rodeo-elon-musk
Credit:Tesla

多彩なロボタクシー

ロボタクシーに期待される機能、例えば対面式座席、乗降しやすい大きなスライドドア、4輪操舵、掃除のしやすさなどを実現するために、専用の車両を開発することはある意味、理にかなっていると思います。

テスラは、特定のニーズを満たすために、さまざまなロボタクシーを作ることもできます。例えば、目的地までの道中で眠れるような、より休息に適した車両を提供することも可能です。

また、ホームオフィスのように、車内に入るとすぐに仕事ができるように、複数のモニターやアクセサリーを搭載した車も考えられます。

このような機能によって、生活の質が大きく向上し、1日のうち1〜2時間を取り戻すことができる人もいるのです。

ロボタクシーのバリエーションは、それだけにとどまる必要はありません。映画鑑賞やエンターテイメントに特化した車や、リムジンのように友人と会話を楽しみながらリラックスできる車もあるかもしれません。

最安の距離単価

Zoox、Cruise、Waymoを筆頭に、いくつかの企業がロボットタクシー専用の計画を発表している現在、テスラの計画は、これらの選択肢に対抗するために加速しているようです。

テスラの2022年第1四半期決算発表後の電話会議で、ロボットタクシーの将来像に関する追加の詳細が明らかになったばかりです。

電話会議の中でマスク氏は、この車両は1マイルあたりのコストに焦点を当て、自動運転に高度に最適化されたものになる、つまりハンドルやペダルを持たないものになると述べています。

「しかし、基本的には、すべてを考慮した上で、1マイルまたは1kmあたりのコストが最も低くなるように最適化されます。」

電話会見の中でテスラは、同社の車両がその高いコストから多くの人々にとってほとんどアクセスできないものであることを認め、ロボタクシーの導入は「これまで経験したことのないほど安価な距離あたりの交通コスト」を顧客に提供する方法であると見ているようです。

イーロン・マスクCEOは、この車両が結果的に補助金付きのバスチケットよりも安いマイル単価を実現し、最終的にはテスラの成長の大きな原動力になると考えています。

発売時期

2022年第1四半期の決算説明会で、イーロン・マスクCEOはテスラのロボタクシーのスケジュールについて少し話しました。テスラは、2023年に車両を発表し、2024年に量産を開始する予定です。

自律走行型タクシーをリリースする際の難しさは、自動運転という側面であり、テスラは現在も積極的に開発を進めている状況です。ロボタクシーの発売時期は、テスラのFSDの進捗に合わせ、今後もシフトしていくと考えられます。

完全な自動運転

決算説明会では、テスラが検討しているセンサー群については言及されなませんでしたが、同社のFSD(完全自動運転)ソフトウェアの修正版を使用して自律的に運行するのかどうかについては言及されました。

テスラの現在のアプローチは、カメラ、LiDAR、レーダーの組み合わせに賭けている他の自動車メーカーとは全く異なり、カメラシステム(映像)のみに依存しています。

マスク氏は電話会談の中で、彼らの方法が今年後半に実を結ぶと確信しているようでした。

「完全自動運転に関して、私がこれまで関わってきた技術開発の中で、完全自動運転ほど夜明けが遅く、突破できそうで突破できないものを見たことがありません。そして最終的には、完全な自動運転を実現するためには、現実の人工知能を解決しなければならないのですが、これは誰も解決していません。道路システム全体は、生物学的なニューラルネットと視覚のために作られているのです。そう考えると、実は運転を解決するためには、神経網とカメラを人間と同等、あるいは本当に人間を超えるような能力で解決しなければならないのです。そして、今年にはそれを達成できると思います。」

マスク氏は、FSD機能を持つすべてのテスラが将来、人間より数段安全な運転ができるようになると約束しています。ただし、テスラが将来、顧客が車をタクシーとして貸し出せるようにする計画がまだあるかどうかは不明なのですが。

もしテスラが、補助金付きのバスチケットよりも安価な自律走行車の実現に成功すれば、それは車の所有に革命をもたらすと考えられます。

将来的には、自分の車を所有するよりも、テスラのロボタクシーを1台利用したほうが、実は安くつくかもしれないのです。

さらに、自分で運転するよりも安全かつ迅速に目的地に到着でき、リラックスできるというメリットまでもあるのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました