テスラのロボタクシー専用車は近未来的な外観の新型電気自動車

Tesla-bus-boring-company TESLA News
Credit:The Boring Company
スポンサーリンク

イーロン・マスクCEOは、テスラが「ロボタクシー専用車」として、未来的な外観の新しい電気自動車を製造することをギガファクトリーテキサスのオープニングイベント「サイバーロデオ」で発表しましたが、この新しい乗り物の明確なタイムラインはありません。

4月7日に開催されたテスラのイベント「サイバーロデオ」では、ギガファクトリー・テキサスが真の主役となりました。

イーロン・マスクCEOは、テスラが短期的に、そして特に2022年に注力しているのは、「生産能力を高めるために事業を拡大すること」(スケール拡大)であり、ギガファクトリー・テキサスはそれを実現するために不可欠になると明言しました。

しかし、マスクCEOは依然として今後の新製品について人々を興奮させるため、サイバートラック、テスラセミ、新型ロードスターが来年生産を開始するため、2023年は新車の年になると述べました。

マスク氏はこのイベントで、「ロボタクシー専用車」という新しい乗り物も発表しました。

テスラの次の展開について語る際、CEOは次のように述べています。

「このロボタクシーは、かなり近未来的な外観の専用車になりそうです。」

テスラのラインナップに加わる新しい電気自動車で、厳密に言えばタクシーサービスに使われるものだということです。

テスラは、すでに走行している既存の車両に搭載されているハードウェアで自動運転機能を実現することに注力してきたため、これはテスラの現在の自動運転計画から少し違った考え方となります。

つまり、マスク氏は、テスラが自動運転専用の新車を作ることで、これは、Zooxのような他の自律走行企業によって採用されているモデルとなります。人間が運転することはないので、運転席や操作系が不要になり、設計の自由度が高まります。

また、テスラがボーリング・カンパニーのトンネルで運用する自動運転車を作るという話は、以前からあり、同社は下のようなレンダー画像を公開しています。

ボーリング・カンパニーが公表している自動運転車

マスク氏は、この新しいテスラ専用ロボタクシーについてのスケジュールを提示しませんでしたが、テスラが既存の車両にフル自動運転(FSD)パッケージを購入したすでに数万人のオーナーへの約束を果たすまでは、この計画が優先されることはないはずです。

今夜のイベントでマスクCEOは、テスラは北米でFSDパッケージを購入したすべての人がベータプログラムにアクセスできるようにすることを目指していると述べた。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

ロボタクシーとかもう後でいいのに。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました