テスラ、ギガテキサスでオープニングイベント「サイバーロデオ」開催

tesla-cyber-rodeo TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラの「サイバーロデオ」イベントにいる全員がギガファクトリー・テキサスでのイーロン・マスクCEOの講演を聴くことに期待感が高まっています。

テスラのコミュニティは、イーロン・マスクCEOがギガテキサスのオープニングイベント「サイバーロデオ」で世界に向けて発表する最新情報や詳細について聞くことを熱望し、興奮しているのです。

イーロン・マスク氏をステージに迎えたのは、社名にもなっている発明家、ニコラ・テスラをイメージしたドローンです。ドローンには、サイバーロデオのサインも描かれていました。続いて、ドローンが移動する車両を表現し、それがモデルYであることが判明しました。

Credit:Tesla
Credit:Tesla

そしてもちろん、イーロン・マスク氏の流儀にのっとって、テスラはドローンを使ってコミュニティへの愛を強調することも忘れてはいません。テスラの「ハリネズミ」は、華やかなドローンショーの間にも登場しました。

ドローンショーの後、テスラは「群れ」のテスラ・モデルYが馬とその騎手とともにギガファクトリー・テキサス敷地内を走り抜ける短い映像を流しました。

この映像は、イーロン・マスク氏が、すべての始まりの車であるオリジナルのテスラ・ロードスターでスタイリッシュに登場したところで、終了となりました。

Credit:Tesla

ギガテキサス・サイバーロデオの講演でのイーロン・マスク氏のコメントを以下に簡単に紹介します。

イーロン・マスク氏は、テスラが初めて作った車「ロードスター」を紹介しながら、「過去、現在、未来について話すつもりです」と話しだしました。

「テスラを始めた当初、私は楽観的に考えて、成功する確率は10%だと考えていました。そして、テスラチームの努力に感謝し、現在の成功は彼らのおかげです。」

Credit:Tesla

マスク氏は、ソーラー製品を含むテスラが提供するすべての製品をリストアップし、アメリカの電気自動車の3分の2がテスラ車であることに言及しました。

加えてマスク氏は、テスラのAIチームの功績を強調しました。彼は、テスラが今年、北米でFSDのベータ版を広くリリースすることを目指していることを発表しました。

「(以前本社を構えていた)カリフォルニアは余裕がなくなっていました。そして、私たちは大きく成長する場所を必要とし、そして、テキサス州のような良い場所はないです。」と述べ、同州、特にトラヴィス郡に感謝の意を表しました。

Credit:Tesla

マスク氏は、テスラ・ギガファクトリー・テキサスが工場を横向きにした場合、ドバイの超高層ビル・ブルジュ・ハリファよりも高くなることを明らかにしました。イーロン・マスクCEOは、ギガファクトリー・テキサスには合計1940億匹のハムスターを収めることができると、典型的なイーロン・マスク節を披露しています。

「そしてこの建物は、地球が見たこともないような最先端の自動車工場です。」と、イーロン・マスク氏は宣言し、テスラの工場はそれ自体が製品であるという考えを再び持ち出しました。

マスク氏は、テスラがギガテキサスで待望の新型バッテリー4680セルを自社で製造していることに言及し、オースチン工場は、世界最大級のバッテリーセル工場になる可能性があると誇らしげに語りました。

「原材料が入り、いろいろなことが起こり、車が出来上がります。」と、マスク氏はテスラの主な業務を簡略化してさらに、テスラは来年、オースティンでサイバートラックを生産する予定であると付け加えました。

Credit:Tesla

「早くクルマを納車したいです。サイバートラックは壮大なものになります。」と、マスク氏はこの電動ピックアップトラックについてコメントしました。

マスク氏はまた、ギガファクトリー・テキサスはアメリカで最も「大量生産」のできる工場になると述べ、テスラは長期的に自動車市場の20%を占めることを目指すとも述べました。

「私たちは本当に大規模に動くつもりです。」とイーロン・マスク氏は予告しました。また、同社のロボタクシー車両についても言及し、未来的でテスラの他のサービスとは大きく異なるものであると述べ、加えて、ヒト型ロボット「オプティマス」(テスラボット)についても語りました。

Credit:Tesla

テスラは来年、ヒト型ロボット・オプティマス、サイバートラック、次世代ロードスター、セミの生産を計画しています。

テスラのチーフデザイナー、フランツ・フォン・ホルツハウゼン氏はその後、サイバートラックを携えて現れました。イーロン・マスク氏は、サイバートラックにドアハンドルがないことを指摘し、CEOもデザインチーフも、サイバートラックは待つだけの価値があると断言していました。

そして、イーロン・マスク氏がサイバー・ロデオのパーティをスタートさせ、数分間の花火が打ち上げられました。

Credit:Tesla

また、詳細はご紹介しますが、まとめると以下のような内容です。

  • テスラは「ロボタクシー専用車」として、未来的な外観の新型電気自動車を作る
  • テスラは2023年に人型ロボット「オプティマス」の生産開始を目指している
  • テスラはメイドインテキサスのモデルYの第一号を納車しましたが、新型についてはまだ曖昧なまま
  • テスラが2023年にサイバートラック、新型ロードスター、セミを生産する「新製品の大波」を設定

イベントの詳細は以下の動画をご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

また、それぞれの詳細は改めてご紹介します。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました