イーロン・マスク氏は次の「マスタープラン・パート3」で何を計画するのでしょうか?

TESLA News
スポンサーリンク

イーロン・マスク氏は、現在、彼のいわゆるイノベーションのマスタープラン・パート3に取り組んでいます。

彼は、ここで今後10年間に専念しようと考えているイノベーションを検討しています。

テスラとスペースXの成功に刺激されたのは間違いなく、彼は物事を大きく捉えています。彼の熱狂的なファンをも驚かせるようなプロジェクトが期待できると思います。

この世界一のお金持ちは先週、彼がマスタープランと呼ぶもののパート3に取り組んでいると述べ、パート1は2006年8月に、パート2は2016年7月に登場しています。

2006年のマスクは、プロジェクトのロードマップを 「テスラモーターズの秘密のマスタープラン(ここだけの話)」と呼んでいました。それは、交通手段を変革し、地球を汚染から守るためのガイドのようなものでした。

発展途上国向けの1万5千ドルEV?

数日の沈黙の後、期待が高まる中、イーロン・マスク氏はこの一連の検討の概要について一部を明らかにしました。

「TSLA のマスタープランパート3を早く聞きたい!」
「この時点で、イーロン・マスクと彼のチームが会社にもたらすオプション性、垂直統合性、拡張性を考えるとその答えを待ちきれません!すべては人類のために。なぜ誰もがこの一生に一度の会社に投資しないのだろう!」

Tesla-Model-2-render-hero

続いてマスク氏は、マスタープラン・パート3に期待することを大々的に語りました。

「テスラの主なテーマは、人類を化石燃料からシフトさせるために必要な極限サイズへのスケーリングと、AI(人工知能)になるでしょう。そして(今回のマスタープラン3には)スペースX、テスラ、ボーリング・カンパニーに関するセクションも含める予定です。」

しかし、この計画をいつまでに実現させるかは明言しませんでした。

そして、このツイートは、答えよりも多くの疑問を生みました。たとえば、次のようなものです。

  • テスラが新しいギガファクトリーを建設することを意味しているのか?
  • 2021年の生産台数を100万台近くから大幅に増やすつもりなのか?
  • マスクはついに、あらゆる場所の消費者のために、本当に安い電気自動車を生産するのだろうか?
  • テスラは電気バスを製造するのだろうか?

ここで、モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏の投資家向けメモにあるアイデアを紹介しましょう。

「私たちは、マスタープラン・パート3を大量生産化だと考えています。テスラは、最終的に、鋳造されたアルミニウム合金の単一ピースで車体を作り、そこにストラクチャラル・バッテリーパックを「注入」できる「胴体」とする技術を開発しているのです。」

「バッテリー自体を車両の構造的な一体性に融合させることで、単位質量当たりの航続距離を大幅に向上させ、持続的に供給されるバッテリーを幅広く利用して、車両レベルでのさらなるコスト削減を推進することができます。」

「時間をかけてテスラは、インドのような主要な新興市場に浸透するために、1万5千ドル以下という低価格のEVを導入することができます。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

単純な構造のEVの大量生産だとすると、本来の意味での産業革命ですね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました