ICE

TESLA News

内燃機関の終焉、2035年までにEV販売100%へ、コスト削減がカギに

観測史上最も気温の高い年に開催されたのが、第28回国連気候変動会議、COP28です。 温暖化は進む 近年の政策の進展や市場の心強い動きにもかかわらず、これらの報告書を総合すると、パリ協定の気候目標に合致させるためには、ゼロエミッションの道路...
TESLA News

内燃機関自動車の終わりの始まり…トヨタからVWまで、世界最大の自動車市場中国でシェアを大幅に失う

トヨタ、フォルクスワーゲン、ゼネラルモーターズ、ホンダ、BMW、メルセデス・ベンツなど既存大手自動車メーカー各社は、急速な電動化を進める中国内自動車メーカーにシェアを奪われています。 中国市場における電動化の大波 中国の自動車メーカーが中国...
TESLA News

ハイブリッドか電気自動車か:トヨタのジレンマ

ハイブリッドパワートレインの世界のリーダーでありながら、EVの開発ではかなりの遅れをとっている世界最大の自動車メーカー、その未来はどうなるのでしょうか? トヨタは生産台数と販売台数で世界最大の自動車メーカーです。品質へのこだわりと世界中にあ...
TESLA News

トヨタCEO、米カリフォルニア州のEV目標実現は「かなり難しい」と発言

トヨタは何年も前から完全な電気自動車に反対してきました。車を買いたい顧客は本当は電気自動車を望んでいないと思っているからです。 米国カリフォルニア州はつい最近、2035年からガソリン車の新車販売を全面的に禁止することを決定しました。このよう...
TESLA News

テスラは航続距離を伸ばして、ガソリン車に対抗すべきなのか?

電気自動車は、ガソリン車と比較して航続距離が短いため、買い替えを躊躇しがちです。しかし、今後数年間で、その状況が変わるかもしれません。 米ギズモードが最近報じたベル・リソーシズ社の調査によると、2024年までにEVはすでにガソリン車と同等の...
TESLA News

内燃機関車は電気自動車よりもライフサイクルCO2排出量が多い:イェール大学の調査

電気自動車は、消費者にとってクリーンで低排出ガスな乗り物ですが、そのバッテリー製造に必要な採掘、製造、充電の各段階で、電気自動車会社が主張するほどクリーンではないという批判があります。しかし、最近発表された研究では、EVのライフサイクルCO...
TESLA News

自動車販売台数減少の一方、EV販売台数の急増:一時的な現象か、真の移行か?

サプライチェーンや半導体の問題が解消されたとき、自動車産業はどのような姿になるのでしょうか? 2021年第4四半期、米国における自動車販売台数全体は減少しましたが、EVの販売台数は急増しました。ケリー・ブルーブックによると、2021年第4四...
TESLA News

トヨタ、米国でマニュアル・トランスミッションとクラッチを備えた電気自動車の特許を取得…。

この特許は、ギアチェンジができるEVのようですが、ギアレスモードにも設定できます。つまり「疑似」です。 いくつかの自動車メーカーが電気自動車に多段変速機を搭載する実験を行っていますが、実際に生産に至ったものはほぼありません。現在販売されてい...
TESLA News

BMW CEO、内燃機関の早期廃止に警鐘-「それが気候変動や誰かの役に立つとは思えない」

BMWのCEOであるオリバー・ジプス氏は、最近、自動車部門における喫緊の課題である内燃機関の引退について警告を発しました。彼によると、内燃機関の早期終了は好ましくないし、おそらく環境にも良くないということです。 ジプスCEOの発言は、連邦議...
スポンサーリンク