ハイブリッドか電気自動車か:トヨタのジレンマ

toyota-akio TESLA News
https://twitter.com/Reuters
スポンサーリンク

ハイブリッドパワートレインの世界のリーダーでありながら、EVの開発ではかなりの遅れをとっている世界最大の自動車メーカー、その未来はどうなるのでしょうか?

トヨタは生産台数と販売台数で世界最大の自動車メーカーです。品質へのこだわりと世界中にある工場の効率化により、この日本のメーカーはどの国でも知られています。製造工場やデザインセンターを通じて、世界中の5つの大陸に強い存在感を示しています。

トヨタの人気の多くは、すべての市場で適切な車両を提供する能力によるものです。日米欧のライバル企業よりも優れているトヨタは、事業を展開している市場の好みに合わせて車を作ることに長けています。そして通常、これらはグローバルな製品なのです。カローラ、RAV4、ランドクルーザー、ヤリスは、あらゆる市場に対応する幅広い車種のほんの一例に過ぎません。

もうひとつは、ハイブリッドエンジンに起因するものです。トヨタは20年以上前からハイブリッドカーを製造しており、その間に何百万台も販売しています。このパワートレインへの投資が実を結び、トヨタは燃費の面でライバルに差をつけ、ハイブリッドカーで利益を上げているのです。

今後どうなるのか?

ハイブリッド技術がトヨタに与えた成功とポジティブなイメージにもかかわらず、いくつかの外部要因がトヨタに次のステップを踏ませようとしています。既存のハイブリッド技術の改良を続けるか、純粋なゼロ・エミッションの電気自動車に切り替えるか、決断を迫られているというのが現在の状況です。

問題は、2番目の選択肢がトヨタにとって少し不慣れな点です。この20年間、ハイブリッド車の改良と普及に注力してきたため、EVに割くリソースは少なかったということです。現在、トヨタはピュアハイブリッド車では世界最大のメーカーになっていますが、一方で電気自動車では最小のメーカーのひとつとなっています。

世界的に排ガス規制が強化される中、ハイブリッド車だけでは目標を達成できないことは明らかです。ハイブリッドカーは、内燃機関に電気駆動を組み合わせたもので、排出ガス低減に大きな効果がありますが、100%ゼロエミッションを達成することはできません。

ハイブリッド技術は、現時点では一定の解決策になりますが、10年後は状況は全く違うと考えられます。トヨタはどうするのでしょうか?ハイブリッドという安価で使いやすいソリューションに賭け続けるのか、それともハイブリッドは完全に捨て去り、電気自動車に切り替えるのでしょうか?

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました