BMW CEO、内燃機関の早期廃止に警鐘-「それが気候変動や誰かの役に立つとは思えない」

bmw-logo TESLA News
スポンサーリンク

BMWのCEOであるオリバー・ジプス氏は、最近、自動車部門における喫緊の課題である内燃機関の引退について警告を発しました。彼によると、内燃機関の早期終了は好ましくないし、おそらく環境にも良くないということです。

ジプスCEOの発言は、連邦議会のキリスト教社会同盟(CSU)議員連盟の非公開の会合で披露されました。Automobilwocheの記事にもあるように、ジプスCEOは、内燃機関技術を早急に放棄するのは賢明ではないとの考えを堅持していたようです。

ジプスBMW CEO
「ドイツだけでなく、欧州諸国、そして世界的に見ても、絶対的な市場規模が大きいのは内燃機関です。そのようなものを8年や10年で簡単に停止させる前に、自分が何をしているのかをよく知らなければならないと考えます。」

「ドイツや欧州でこの技術を禁止しようとしても、世界市場はそこまででもないのだから、世界市場でこの技術を失うことになります。だから、あまり拙速に対応して、市場とともに発展する変革のチャンスを逃さないよう、私たちは警告を発しているのです。世界市場で地位を確立している技術を、必要もないのに簡単に手放してしまうのは有害です。それが気候変動や誰かのためになるとは思えません。」

世界的な自動車市場の電気自動車へのシフトは、テスラのような企業が驚異的な成長を遂げ、フォルクスワーゲンのような既存大手自動車メーカーでさえバッテリー電気自動車に多額の投資を行っていることから、ますます明白になってきています。

つい最近も、VWはツヴィッカウ工場を内燃機関生産拠点からEV生産拠点に転換完了したと発表しました。ポルシェやアウディといった他のドイツの自動車メーカーも、それぞれの電気自動車プログラムで一定の成功を収めています。

興味深いことに、BMWもいくつかのEVを開発中ですが、同社は今後数年間、ラインナップに内燃エンジンの居場所があるとも述べています。このことは、BMWが現在取り組んでいる、従来よりもはるかに効率的な次世代ガソリンエンジンやディーゼルエンジンの開発などにも表れています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・追加・編集・改変して作成しています。

似たようなことを言っているどこかのメーカーの社長もいましたね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました