テスラ、北米でのソフトウェアアップデート2022.24:その機能をいち早く紹介

model3-headlight TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、最新の月例アップデートであるバージョン2022.24を(北米で)リリースしました。いつものように、これらのアップデートは、改善と新機能が(通常)詰め込まれています。今回のアップデートも同様です。

テスラプロファイル

2022.24の最初の大きな特徴は、正式には「テスラプロファイル」と呼ばれるクラウドプロファイルのリリースです。

テスラプロファイルは、車両プロファイルをテスラアカウントに関連付ける機能を提供します。サポートされているプロファイルの設定は、クラウドに保存され、複数の車両でドライバープロファイルを同期することができます。

テスラの新しいクラウドプロファイルの詳細については、テスラプロファイルの以下の記事をご覧ください。

ブラインドスポットカメラの改善

テスラは約7ヶ月前、2021年ホリデーアップデートでブラインドスポットカメラを導入しました。

この機能は、方向指示器を作動させると、車両の曲がる方向に対応するフェンダーカメラを画面上に表示させることができます。残念ながら、カメラ画像が画面上に表示される場所の選択肢はなく、画面の下部に固定されていました。

今回の2022.24アップデートでテスラはそれを修正します。カメラ映像(ビデオ)を画面上の3つの定義された位置のいずれかにドラッグ&ドロップすることができるようになります。ドライバーに最も近い下部の角、ドライバーに最も近い上部の角、またはマップエリアの内側で「ナビゲーション先」ボタンに近い上部の角の3箇所です。

セントリーモードの改善

セントリーモードは、導入以来、素晴らしい機能です。すでに数え切れないほどの窃盗や破壊行為の摘発に役立っています。

テスラの人気が高まり、この機能が知られるようになれば、実際に盗難や犯罪の減少に貢献する可能性もあります。2022.24でテスラは、セントリーモードに新しいオプションとして、音を無効にする機能を追加します。

アラーム音を鳴らさずにセントリーモードを使用する機能は、実はアップデート2022.20の一部でしたが、現地の法律や規制によりイスラエルでのみ利用可能でした。

テスラは2022.24で、セントリーモードのサイレントバージョンを使用する機能を提供するようになりました。テスラによると、アプリ通知の送信など、セントリーモードの他の機能はすべて継続されるとのことです。

渋滞情報の可視化

プレミアムコネクティビティ機能で、ルートや周辺道路の交通状況を確認できる「ライブトラフィックビジュアライゼーション」ですが、テスラは今回、ライブトラフィックビジュアライゼーションを強化し、ルート上の交通状況をよりわかりやすく表示するようにしました。

ナビゲーションに表示される従来の青いパスは、その特定のエリアの交通量に応じて色が変わるようになりました。

青→黄→赤の順に、ルートの各部分の交通量を示すパスが表示されることがあり、青は交通量が少ないことを、赤は渋滞を意味するようになります。

その他の変更点

テスラは、モデル3およびモデルYの画面上部のエリアについて、その他にもいくつかのマイナーチェンジを行ったようです。

画面上部のブラインドスポットカメラ映像のスペースを確保するため、テスラはいくつかの項目を移動させました。ターンシグナルは上に移動し、再生/加速度線の上に表示され、ギアインジケーターとバッテリーアイコンの間に表示されるようになりました。画面上部のブラインドスポットカメラが有効な場合、ヘッドライトやHOLDのアイコンなど、特定のアイコンも下方に移動します。

アップデート2022.24は、きっと多くのオーナーが受け取りを楽しみにしているものになるでしょう。ただし、テスラの機能は、現地の法律やデータの制限により、特定の地域に限定されることが多いので、ご注意ください。

2022.24には、ここに含まれていない追加機能が含まれている可能性があり、また、ここに記載されている一部の機能は、モデルや地域によっては利用できない可能性があります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました