テスラ、スーパーチャージャー他社開放プログラムを欧州の大部分に拡大

supercharger-in-france00 TESLA News
Credit:Electrek
スポンサーリンク

テスラは、他メーカーの電気自動車の所有者を対象としたスーパーチャージャー開放試験プログラムをデンマーク、フィンランド、ドイツ、ルクセンブルグ、スイスに拡大しました。

テスラ以外の電気自動車所有者にスーパーチャージャーネットワークへのアクセスを提供するこの開放プログラムは、現在、ヨーロッパのほとんどの地域で実施されています。

昨年来、テスラが全世界に広がる急速充電器ネットワーク「スーパーチャージャー」を、他の自動車メーカーの電気自動車にも開放する取り組みを強化していることをお伝えしてきました。2021年11月、テスラがその第一歩として、テスラ以外のEVオーナーがテスラアプリを使って充電できるパイロットプログラムを、オランダの10カ所のスーパーチャージャーステーションで実施したのが始まりです。

テスラは、このパイロットプログラムを発表した際、新たにネットワークに加わるテスラ以外のEVオーナーと、それらの充電ステーションでより多くのトラフィックを目にすることになるテスラの既存オーナーの両方にとってのユーザー体験を確認しながら、徐々に拡大していく予定だと述べています。

2022年1月にテスラは、このプログラムをノルウェーとフランスの充電ステーションに拡大すると発表し、その1カ月後にはオランダのすべてのスーパーチャージャーステーションにプログラムを拡大しました。そして今回、テスラはこのパイロットプログラムを、イギリス、スペイン、スウェーデン、ベルギー、オーストリアの一部のスーパーチャージャー・ステーションに拡大しました。

先月には、スペインと英国もプログラムに追加しました。今日、テスラは、デンマーク、フィンランド、ドイツ、ルクセンブルグ、スイスを含むエリアを追加し、再び拡大しました。

今回のアップデートにより、テスラが事業を展開しているほとんどの欧州諸国をカバーすることになります。

  • フランス
  • オランダ
  • ノルウェー
  • 英国
  • スペイン
  • スウェーデン
  • ベルギー
  • オーストリア
  • デンマーク
  • フィンランド
  • ドイツ
  • ルクセンブルク
  • スイス

しかし、テスラはこれらの国内にあるすべてのスーパーチャージャーステーションをテスラ以外のEV所有者に開放したわけではありません。

Credit:Tesla

確かにテスラは、オランダのスーパーチャージャーネットワークをすべてのEVオーナーに完全開放しています。

今回のプログラム拡大により、テスラはスーパーチャージャー・ネットワークが「欧州最大の150kW以上の公共急速充電ネットワーク」になったと主張しています。

テスラは、このパイロットプログラムを徐々に拡大し、テスラ以外のEVオーナーをネットワークに乗せることの影響を調査しています。最終的には、欧州のすべてのステーションではないにせよ、より多くのEVドライバーが利用できるようにし、新たな収益でネットワークの拡張を加速させる予定です。

しかし、テスラの充電ポートは欧州・米国で採用されているCCS規格ではなく、独自のプラグを使用しているため、北米ではより複雑になることが予想されます。しかし、マスク氏は最近、テスラが米国内の新しいスーパーチャージャー・ステーションにCCSコネクターを追加することをほのめかしています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました