VWの「プロジェク・トトリニティ」、ギガキャスティングと自動化でテスラに対抗する

tesla-model-y-megacast-gigapress TESLA News
スポンサーリンク

フォルクスワーゲンもフォードも、テスラやマスクから学んでいると公言していますが、フォルクスワーゲンの将来計画はその主張を立証するものです。

フォルクスワーゲンは、「プロジェクト・トリ二ティ」についてあまり多くを明かさないように注意してきましたが、EV業界のグローバルリーダーになれるような大きな前進が必要であることは間違いありません。

その計画には、ギガキャスティングやオートメーションの強化など、テスラのような製造プロセスの改善が含まれる可能性があることが、現在、より明らかになってきています。

giga-belrin-inside-06-1
テスラベルリン工場のギガキャストマシン
https://youtu.be/IO5XC1x27gg

ロイターによって報告された最近のニュースに先立って、フォルクスワーゲンはすでに、多数の次期電気自動車とSUVを計画していることを共有しており、その移行の焦点は、2026年目標の「プロジェクト・トリニティ」によってもたらされます。このプロジェクトは、航続距離、充電速度、デジタル化、そして最終的にはレベル4の自律走行技術において注目すべき革新をもたらすと、フォルクスワーゲングループは断言しています。

プロジェクト・トリニティに関するプレスリリースの中で、フォルクスワーゲンは、最先端のソフトウェアを備えた新しい電動プラットフォーム、簡素化された全体の供給構造、持続可能でインテリジェントにネットワーク化された生産方式という、プロジェクトの3つの主要な構成要素を強調しています。

テスラは、電気自動車メーカーとしての世界的なリーダーであり続け、米国最大のEVブランドは今回、ドイツ・ベルリン・ブランディングに巨大工場を開設しました。

また、来週にはテキサス州の新工場をオープンする予定です。同社はこれまで、中国にある比較的新しく革新的なギガファクトリー上海工場でモデル3とモデルYを生産してきましたが、その車両の大部分は、テスラが買収した古い施設である米国カリフォルニア州フリーモントの工場で何年も生産されてきました。

イーロン・マスクCEOは、テスラのドイツベルリンと米国テキサスの新工場が次世代レベルの工場になると約束しており、これまで明らかにされてきたことから、その主張に反論するのは難しいでしょう。しかし、テスラが新工場の生産をうまく立ち上げることができるまでは、注視が必要です。

いずれにせよ、テスラの成長と技術革新の中で、フォルクワーゲンは将来的にテスラの上を行く計画を持つ数少ない企業のひとつです。同じくフォードやゼネラルモーターズも狙いを定めています。ボルボはテスラとバッティングする計画があるとは主張していないが、つい最近、同社が特殊なダイカストマシンを使って電気自動車の生産を加速させる計画もあることが明らかになった。

フォルクスワーゲンは世界で最も成功したEVメーカーの1つですが、生産スピードを上げるための目立った革新はまだ行っていません。しかし、少なくともロイターが明らかにした幹部からの情報に基づいて、すでに年率5%程度の割合で生産速度を向上させています。

また、テスラはベルリンの新工場でモデルYを生産するのに約10時間かかりますが、一方でフォルクワーゲンID.3の製造には約3倍の時間がかかるということです。フォルクスワーゲングループCEOのヘルベルト・ディースは最近、同社の幹部や従業員に対してこの点を指摘し、イーロン・マスクCEOをビデオで登場させ、チームに対して話をするところまでおこなっています。

フォルクスワーゲンが2026年に開設を予定している電気自動車工場「トリニティ」は、同社のEV生産工程を大幅にスピードアップさせると期待されています。

ロイターは、ダイキャストマシンの使用と工場自動化の全体的な増加が、このプロジェクトの成功に不可欠になると書いています。フォルクスワーゲンの生産責任者であるクリスチャン・フォルマー氏は、ロイターに以下のように語っています。

「私たちの目標は明確で、私たちのプロダクションで標準を作りたいのです。(1台あたり)10時間を達成できれば、大きな成果を上げたことになるのです。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

自動車製造はどんどんコモディティ化していくので、本当の競争相手は中国メーカーになるのでは?

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました