ボルボ、次世代電気自動車に「テスラ式」メガキャストを採用へ

tesla-model-y-megacast-gigapress TESLA News
スポンサーリンク

大型の一体型鋳造部品を製造できる大型鋳造機ギガプレスの自動車車体製造への使用は、テスラ懐疑論者からは無駄であり、構想外だと思われているかもしれませんが、現在、一部の既存自動車メーカーが次世代電気自動車にこの技術を採用する準備を進めているようです。

ボルボは最近、同社で最も古く大きな工場の一つであるスウェーデンのトースランダ工場において、今後数年のうちにテスラが車体に採用している「メガキャスト」使用に移行するとのことです。

tesla-model-y-megacast-gigapress

モデルYにメガキャストを使用して実質的にメガキャスト使用の先駆者となったテスラと同様に、ボルボも次世代電気自動車にこの巨大なコンポーネントを使用することになるのです。ボルボのソリューションアーキテクトであるミカエル・フェルマー氏は、オートモーティブ・ニュース・EUの中で、メガキャストの使用は同社にとって最大の技術的シフトのひとつであると発言しています。

「これは、我々が(車体を)木材から鋼鉄に変えて以来、最大の技術シフトです。」

超大型ダイキャストマシンを製造するイタリアIDRA社のギガプレスは以下の映像でご確認ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・参考にして作成しています。

部品点数がどんどん少なくなり、メーカーはアセンブリーだけになり自動車産業は想定以上のスピードでコモディティ化が進んでいくのでしょう。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました