VWとFordのCEOが、テスラのEV分野での画期的な影響力を評価!

tesla-model-s-black TESLA News

電気自動車分野におけるテスラの画期的な影響力は、フォルクスワーゲングループのCEOであるヘルベルト・ディース氏とフォードのCEOであるジム・ファーリー氏に認められており、両氏ともにテスラとCEOであるイーロン・マスク氏をこの分野のベンチマークとしています。

テスラとマスクCEOが電気自動車の開発に貢献してきたことは周知の事実ですが、電気自動車会社とそのフロントマンが持つ影響力を競合他社が認めることは非常に異例のことです。

数年来、マスクCEOのファンであり友人でもあるディースCEOは、インタビューやLinkedInへの投稿でテスラの影響力を認めています。

ディースCEOはマスクCEOについて、次のように述べています。(CNBC

「彼が現れたことにとても感謝している。いい対話ができたと思います。私たちは、テスラがEVの分野で新しいベンチマークを設定していることを受け入れなければなりません。技術面だけでなく、生産性やスピードの面でも…競争があることは常に良いことだと思います。」

ディースCEOは、VWの電動化への取り組みに対するマスクCEOやテスラの好意的な見方を、LinkedInの投稿でも紹介しています。

「我々がフルパワーで変革を推進すれば、電気自動車への移行を成功させることができると考えてくれていることを嬉しく思います。例えば、テスラの速さです。その理由は、彼らが独自のソフトウェアを開発しているからです。わずか2~3週間で、さまざまなチップを使用できる新しいソフトウェアを完成させました。これは感動的とさえ言えます。」

さらに、フォードのCEOであるジム・ファーレイ氏は、マスクCEOとテスラが先頭に立ち、今年フォードが採用したEVムーブメントの先駆者であることに感謝しました。

先に述べたように、テスラがこn自動車の変革期をリードしていることは本当に否定できません。

テスラ社やマスクCEOがいなければ、現在のEVをめぐる状況はなかったでしょうし、競合する多くの自動車会社も電動化への移行を検討していなかったと思われます。

自動車業界は競争が激しく、その企業の製品の忠実なファンやドライバーがいるにもかかわらず、さまざまな自動車会社の幹部がマスクCEOとテスラに接触し、彼らの進歩に感謝しているのは、とても新鮮で素晴らしいことです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

日本で一番大きな自動車メーカーの経営者はどう思っているのでしょうか?

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました